乗船者を募集中!第45回みさき白秋まつりー「港から巡る白秋文學コース」2022年10月2日

シェアする

 船上から詩人の故・北原白秋が愛した三崎・城ヶ島の風景を臨みながら功績を偲ぶ―。

 三崎白秋会は10月2日㈰、「第45回みさき白秋まつり」の一環行事として「港から巡る白秋文學コース」を行う。

 当日は、午後3時30分から三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」岸壁で受付開始。水中観光船「にじいろさかな号」に乗り込み、4時に出港。渡船場跡や本瑞寺、北条遊郭跡、大椿寺、通り矢、八景原を経由し、船上から餌やりや船室で魚を見学する。その後、白秋碑前=写真=で市合唱連盟有志による献歌を行い、城ヶ島灯台、三崎新港、相模湾で日没鑑賞、5時に帰港予定。小雨決行。

 費用は1人1千円(資料代・記念品を含む)。9月1日㈭から募集を開始し、定員は中学生以上20人で先着順。参加希望者は、白秋記念館へ電話または住所・氏名・年齢・性別・電話番号を明記のうえ、FAXで応募する。月・金曜は休館のため、FAXのみ受付。9月30日㈮締切。人数に達し次第終了。

 問い合わせ・詳細は、同館046・881・6414(FAXも同じ)

関連記事

開催日

2022年10月2日(日)
15時30分から三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」岸壁で受付開始

住所

神奈川県三浦市白秋碑

費用

費用1人1000円(資料代・記念品を含む)
9月1日から募集開始し9月30日締切 定員は中学生以上20人で先着順 
FAXのみ受付(月・金曜は休館)

問い合わせ

白秋記念館

電話

046-881-6414

046-881-6414

【FAX】046-881-6414

公開日:2022-09-01

関連タグ