相模原市内から羽田空港へ1人6980円(有料道路代込、税込)の新サービスを提供【株式会社バス窓.com】

シェアする
相模原市内から羽田空港へ1人6980円(有料道路代込、税込)の新サービスを提供【株式会社バス窓.com】
ハイヤー空港便をスタートさせた徳久社長

 相模原市緑区橋本台に本社を構える株式会社バス窓.com(バスマドコム/徳久浩代表取締役)は、相模原市内から羽田空港へ1人6980円(有料道路代込、税込)で行ける乗合タクシー「ハイヤー空港便(乗合タクシー)」のサービスをこのほどスタートさせました。

「交通弱者にも平等に人生を楽しむ機会を提供したい」

 バス窓コムは1997年に開業したバス事業者。現在は貸切バスの運行や民間救急搬送などのサービスを提供しています。今回のハイヤー空港便は、徳久代表が以前から構想していた企画です。

 相模原市の推計によると、市内の高齢化率は2030年に約30%になり、特に緑区はそれ以上と予測されています。「相模原市内、特に緑区の津久井地域の高齢者の割合が増えると聞いて、何かできないかと考えた」と徳久社長。「津久井地域の人が羽田から帰省、旅行に行くとなると、まず橋本駅に出てからになる。片道だけで交通費がかさんでしまうし、さらに、重い荷物を持って乗り換えるのは高齢者にとっては大変。孫に会ったり旅行に出かけたりする人生の楽しみを、住む地域で制限されることなく、平等に機会を提供できないか。交通業界に携わるものとして考えた」と思いを話します。

  • 交通弱者の要望に応えるために、ドアtoドアのサービスにこだわり、必要な免許などを取得。2022年6月に許可が下りて事業をスタートさせました。「タクシーの低料金プランもあるが、乗合いにすることでさらに低料金を実現できた」と話します。

ハイヤー空港便用の車両

ハイヤー空港便の特徴

  • ハイヤー空港便は6人の乗車が可能。
  • 市内から空港へ向かう複数の利用者を集約して、各戸を順番に回った後に空港へ向かうというもの(その逆もあり)
  • 年中無休で毎時00分に運行、1日24本を運行する。
  • 相模原市内ならどこから乗車しても羽田空港まで6980円(深夜は+1000円、障害者は1000円引)。さらに、同条件で成田空港行は1万5980円(有料道路代込、税込/深夜は+2000円、障害者は2000円引)となる。
  • 利用は1人からOK
  • シートなど感染対策実施
  • チャイルドシート等も用意

さらに、

・ドアtoドアなので、荷物があっても安心
・24時間対応なので、深夜も利用できる
・車両は隣席ともゆったりのハイヤータイプ 

 最後に徳久社長は「特に交通弱者と言われる方や地域の方にぜひ利用してもらえれば。人生の楽しみをお手伝いできれば」と話してくれました。

住所

神奈川県相模原市緑区橋本台3-18-35 肥後ビル1F

問い合わせ

株式会社バス窓.com ハイヤー事業部

電話

0120-818-005

0120-818-005

受付時間午前7時から午後7時

メールアドレス

mail@sagamihara818.com

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-11-29

関連タグ