心臓病と闘うアスリート・女子ソフト西山麗選手チャリティー講演会

心臓病と闘うアスリート・女子ソフト西山麗選手チャリティー講演会

 重い心臓病を抱え、米での移植手術をめざす森崎小学校2年の岡崎雫さんの支援を目的としたチャリティー講演会が12月3日(日)、小川町の常葉中学校体育館で開かれる。講師に2008年北京五輪のソフトボール日本代表で、2度の心臓弁移植手術を経験しながら実業団チーム(豊田自動織機)で現役を続行している西山麗さん(33)=写真=を迎える。「しずくちゃんを救う会」の主催。
 西山さんは安浦町の出身。幼少期に「大動脈弁狭窄(きょうさく)・閉鎖不全症」と診断され、医師から激しい運動を控えるように忠告されていたが、常葉中学校でソフトボールと出会い、2年時に心臓弁の移植手術を受けたのを機に選手としての才能を開花させた。北京五輪では2番遊撃手として活躍、金メダル獲得に大きく貢献した。
 昨年5月に再手術を終え、選手活動を続けている西山さんの存在を知った同会のメンバーが「雫さんを励まして欲しい」と講演を依頼。所属チームと本人の快諾を受けて実現した。午後2時半開演。入場自由。
 問い合せは同会【電話】046・851・5301

開催日

2017年12月3日(日)

開場14:00

住所

神奈川県横須賀市小川町18

費用

講演終了後に、米での心臓移植手術をめざす岡崎雫さんを支援する募金を実施

問い合わせ

しずくちゃんを救う会

電話

046-851-5301

046-851-5301

関連記事

注目