試食もできる「防災備蓄食フェア」@驛テラス(横浜・馬車道)

このイベントは開催・申込を終了しました

試食もできる「防災備蓄食フェア」@驛テラス(横浜・馬車道)

産直野菜を買いがてら非常食を試食

 馬車道で地元産野菜や加工品を販売する「驛テラス」=中区住吉町=が、10月から防災備蓄に使える非常用食品の取り扱いを始めた。
 これは店主の仲里一郎さんが、次世代型無水トイレや防災用品を扱う(株)セットアップ横浜=港北区=のイベントに参加した際、試食した非常食の美味しさに驚いたことがきっかけ。長期保存だけでなく味にこだわった商品も多く、「安心安全」を掲げる店のポリシーとも一致したことから、セットアップ横浜と協力して販売することになった。
 「最近の非常食は大手食品メーカーの商品も出るなど、日進月歩で年々美味しくなってきている」と、同社の担当者。防災業界では非常食の味を競うコンテストもあるといい、しっとり風味のよいパンや、筑前煮、肉じゃがなどの和食、水で戻せるピラフなどバラエティも豊か。災害時だけでなく夕飯の一品や夜食、登山時に携帯するなど、使い方も幅広くなっているという。
 しかし、実際に味を試す機会はほとんどないため、先月同テラスでは非常食の試食販売を試験的に実施。実際に購入した人からは「美味しかった。これなら普段の食事としても使えそう」と好評だった。

試食できる「防災備蓄食フェア」

 11月24日(金)には「防災備蓄食フェア」を開催。前回人気だった永谷園のフリーズドライご飯シリーズの試食販売も行われる。「いつ起こるか分からない災害に対して漠然と不安を抱える人も多いはず。食べて美味しい非常食で、防災を考えるきっかけになれば」と仲里さん。売上の一部は日本赤十字社に寄付される。
 午前11時から午後3時。驛テラスは毎週火・金曜にレストラン「驛の食卓」の店頭で開催。(問)【電話】045・475・6007

開催日

2017年11月24日(金)

驛テラスは毎週火・金曜日に開催

住所

神奈川県横浜市中区住吉町6-68-1

「横浜ビール 驛の食卓」店頭の「驛テラス」にて

費用

試食は無料。地元産野菜や加工品の販売もあり

問い合わせ

(株)セットアップ横浜

電話

045-475-6007

045-475-6007