夜空に光り輝く「宝石箱」多摩センターイルミネーション2018

夜空に光り輝く「宝石箱」多摩センターイルミネーション2018

多摩市の冬の風物詩「多摩センターイルミネーション2018」が11月10日から始まりました。

 毎年人気を博している「多摩センターイルミネーション」。今年も、パルテノン大通りの58本のクスノキや、友好都市の長野県富士見町から寄贈された約12mのもみの木のメーンツリーに、45万球の電飾が施され、多摩センターの街を幻想的な空間に演出。駅を出てすぐの場所に設けられた光の水族館など、街全体が光り輝く宝石箱のように彩られています。

夜空に光り輝く「宝石箱」多摩センターイルミネーション2018

 10日の点灯式では、富士見町民による木遣り、桜美林中学・高校のハンドベルの演奏、サンリオキャラクターショーも行われ、会場を盛り上げました。

 点灯期間は来年1月6日(日)まで。時間は16時30分〜22時30分(サンリオキャラクターイルミネーションは21時30分まで)。期間中は様々なイベントも予定されています。詳細は、「多摩センターイルミネーション」公式HPで確認を。

イルミネーション特集トップへ

開催日

2018年11月10日(土)~2019年1月6日(日)

点灯時間:16時30分~22時30分。サンリオキャラクターイルミネーションは21時30分まで。

住所

東京都多摩市落合1-11

問い合わせ

多摩センターイルミネーション2018実行委員会(新都市センター開発(株)内)

電話

090-8946-9909

090-8946-9909

平日 10時~17時

注目