山北町の般若院で除夜の鐘をつこう!豚汁の振る舞いも

このイベントは終了しています

山北町の般若院で除夜の鐘をつこう!豚汁の振る舞いも

 平安末期の初代河村秀高公から続く河村氏の菩提寺、宝生山般若院(武内卓伸住職、山北町岸)で大晦日の除夜の鐘がつける。
 12月31日(日)午後11時から1日午前1時頃まで、除夜の鐘の会が豚汁を振る舞う。除夜の鐘は1年の迷いを取り除く鐘。同山では鐘つきを一般に開放している。
 本尊は町文化財にも指定されている文殊菩薩坐像。境内の梵鐘は戦中に供出されたが1960(昭和35)年に再興。梵鐘音響学の権威、青木一郎博士が設計し、京都の梵鐘師・岩澤徹誠が鋳造。台座は城郭の石垣に見られる亀甲積み(石工・内藤明)。境内は県指定のヒキガエル集合地でもある。
 宗派などに関係なく誰でも参加できる。問い合わせは般若院(山北町岸1640)【電話】75・0118へ。

開催日

2017年12月31日(日)~2018年1月1日(月)

住所

神奈川県足柄上郡山北町岸1640

問い合わせ

般若院 

電話

0465-75-0118

0465-75-0118

注目