【東京都八王子市】120種を超える牡丹咲き誇る八王子・宗格院

シェアする
花の香りに誘われて…と訪れた人もいましたよ

 立てば芍薬、座れば牡丹―。美しい人の容姿や立ち振る舞いに例えられる牡丹。昔から「花の王様」と呼ばれ、その大輪の花は風格と気品が漂います。

 東京都八王子市千人町にあるお寺、宗格院には、毎年4月になると大輪の牡丹が境内に咲き誇ります。その数、なんと約120種類。口コミで評判が広まり、牡丹の時期は2000人~3000人が訪れるそうです。

「七福神」「満天紅」「ラインエリザベス」…牡丹の花の名前って面白いんですね。

牡丹には1株ごとに品種名カードが添えられています。「サンダーボルト」、お殿様の名前「不昧公」、「春爛漫」…。こんなに種類の多い花は他にあるのだろうか。

境内の牡丹を管理する板倉正弘さん(74)によると、「島錦や鎌田錦など、『錦』が付く品種は格が上」なんだそうです。

「ラインエリザベス」。名前も黄みがかったこのピンク色もかわいいくありません?

牡丹の花は「赤」ってイメージだったけど、ボルドーやピンク、紫、色も豊富。緑色!の八重咲は「まりも」。おしゃれですね。ちょっと珍しい品種だそうです。

「百花選」。家で咲かないから、と住職のお母さんがお寺に持ってきた牡丹だそう。

板倉さんと浦野信幸住職は、もともとウォーキング仲間。趣味で牡丹の研究をしていた板倉さんが十数年前、浦野住職に「お寺に牡丹を植えてみては」と提案したことがきっかけ。牡丹は手間がかかり、咲かせるのは少しコツがいるそう。板倉さんの元へ「庭の牡丹が咲かない」とアドバイスを求める人も多いのだとか。

浦野住職(左)と板倉さん。「板倉さんが一生懸命にやってくれてね」と浦野住職。「訪れる人が喜んでくれるのが、何よりうれしいよね」と板倉さん。

それぞれ開花時期が違うので、咲き始めの4月上旬から4月いっぱいまで楽しめるようです。

  • 牡丹を咲かせるコツを板倉さんに聞くと、「いろいろあるけど一番は『愛情』をかけること」と教えてくれました。

宗格院にある八角地蔵堂「寶珠閣」。

宗格院には、八角形が特徴的な地蔵堂があります。

そこには、八王子七福神の「寿老尊」と開基山本弥衛門忠房の娘のせき供養の為つくられた「咳地蔵」が祀られています。せき地蔵尊の「除せき祈願のお札」(1枚500円)は、咳のみならず、他の願意も書けるようになっています。

赤色のお札は貼って頂き、白色のお札は身につけておくようです。

住所

東京都八王子市千人町2-14-18

費用

見学は無料です

問い合わせ

宗格院

電話

042-661-0960

042-661-0960

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-07-07

関連タグ