すり足体験も「第25回さがみはら能」開催@相模原市南区:相模女子大学グリーンホール大ホール

シェアする
すり足体験も「第25回さがみはら能」開催@相模原市南区:相模女子大学グリーンホール大ホール
初めて自身で作ったという面「雪ノ精」を見つめる松山さん

 第25回さがみはら能が3月16日(土)、相模女子大学グリーンホール大ホールで開催される。午後1時30分開演、4時頃終演予定。

 国・重要無形文化財保持者(総合)の能楽師・松山隆雄さんらが出演する同公演。1部ではすり足体験(舞台を歩む)、すり足会、仕舞「鶴亀」、2部では能装束着付講座、狂言「附子」、連吟「春夏秋冬」、仕舞「土蜘蛛」「橋弁慶」「八島」が行われる。すり足体験に参加希望の人は白たびの持参を。

 松山さんは「25回目の今回は、狂言・吟・仕舞の構成でお届けします。世界無形文化遺産である能楽をどうぞお楽しみください」と話している。

 全席自由で前売3000円、当日4000円、小・中学生は500円。チケットはチケットMove(【電話】042・742・9999)ほかで販売中。

開催日

2024年3月16日(土)
13時30分開演、16時頃終演予定

住所

神奈川県相模原市南区相模大野4丁目4−1

費用

全席自由で前売3000円、当日4000円、小・中学生は500円

公開日:2024-02-01

関連タグ