薬物依存症者と家族オープンセミナー@横浜ラポール

このイベントは開催・申込を終了しました

薬物依存症者と家族オープンセミナー@横浜ラポール

画像はイメージです

 薬物依存症者を抱える家族らが主催する講演会「薬物依存症者と家族オープンセミナー」が1月28日(日)午後0時30分から横浜ラポール=港北区=で開かれる。
 主催の横浜ひまわり家族会(岡田三男会長)は依存症者を抱える家族による組織。薬物依存からの回復を支援するプログラムを提供するNPO法人「横浜ダルク・ケア・センター」=宿町=の共催。家族会は、「犯罪」だけの視点で見られがちな薬物依存症が「病気の症状」であるということを理解してもらおうと活動する。講演会は3回目。
 県立精神医療センター専門医療部長の小林桜児さんが薬物依存からの回復へ向けて、家族ができることについて語る。ほかにも、薬物依存の当事者や家族からの体験談、メッセージも紹介される。

「病気」と知って

 同家族会は「私たちの中には依存症者が引き起こす問題に振り回され、家族が崩壊した人もいます。危機を乗り越え、家族の機能を取り戻すためにも『薬物依存症は病気である』ということを広く伝え、理解してほしい」と呼び掛ける。
 入場無料。定員は先着250人。希望者は直接会場へ。問い合わせは同家族会【電話】090・3478・4998。

開催日

2018年1月28日(日)

住所

神奈川県横浜市港北区鳥山町1752 ラポール横浜

問い合わせ

横浜ひまわり家族会

電話

090-3478-4998

090-3478-4998

人気記事

注目