『ハイドン交響曲第103番』を紐解くコンサート@かなっくホール

このイベントは開催・申込を終了しました

『ハイドン交響曲第103番』を紐解くコンサート@かなっくホール

画像はイメージです

 かなっくホールで2月9日、同ホール専属の室内オーケストラ「カメラータかなっく」が曲目解題コンサートを開く。時間が午後7時開演(6時半開場)。費用は1000円(税込)で全席自由(入場順番号付)となる。
 曲目解題コンサートとは、作曲家の作り上げた曲の意図を演奏家がどのように読み取って構築し再現するのかを紐解き、全曲演奏まで繋げるレクチャーコンサートのこと。国内外の受賞歴の持つ奏者を筆頭にした若手演奏家たちが、初対面で才能をぶつけあい、模索し、音楽を構築する。
 曲目は『ハイドン交響曲第103番』。神奈川フィルハーモニー管弦楽団に客演首席ティンパニ奏者として出演した篠崎史門さんがグランドマスターを務め、NHK交響楽団の第2ヴァイオリン奏者として在籍する倉冨亮太さんがコンサートマスターを担当する。
 申込は、かなっくホールチケットデスク【電話】045・440・1219(午前10時から午後9時まで)へ。

開催日

2018年2月9日(金)

住所

神奈川県横浜市神奈川区かなっくホール

費用

1,000円

問い合わせ

かなっくホールチケットデスク

電話

045-440-1219

045-440-1219

人気記事

注目