平塚市美術館で戦後の日本画の革新運動「1950~60年代の日本画-造形への挑戦」開催

シェアする
平塚市美術館で戦後の日本画の革新運動「1950~60年代の日本画-造形への挑戦」開催
北澤映月『花』1954年(平塚市美術館所蔵)

 企画展「1950〜60年代の日本画-造形への挑戦」が6月2日(日)まで、平塚市美術館で開催されている。

 日本画壇では1950〜60年代にかけて日本画の変革が目指され、欧米の絵画を参照した堅牢な造形や力強いマチエール(絵肌)、抽象表現が取り入れられた。会場では当時の画壇をリードした美術団体「創造美術」(現・創画会)のメンバーである山本丘人、工藤甲人の作品や同時期に制作された洋画など、同館が所蔵する約50点が展示されている。

 午前9時30分〜午後5時(入場は4時30分まで)、月曜休館。入館料は一般200円、高大生100円、中学生以下無料。問い合わせは同館【電話】0463・35・2111。

開催日

2024年4月6日(土)~2024年6月2日(日)

住所

神奈川県平塚市西八幡1丁目3−3  平塚市美術館

問い合わせ

平塚市美術館

電話

0463-35-2111

0463-35-2111

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2024-05-16

関連タグ