東京国際映画祭グランプリ「ニーゼと光のアトリエ」上映会

シェアする

このイベントは終了しました。

常識をくつがえした女医の物語

 東京国際映画祭でグランプリと最優秀女優賞に輝いたブラジル映画「ニーゼと光のアトリエ」の上映会が3月3日(土)、生涯学習センターけやきホールで行われる。主催は小田原を中心にアートを通じて障害者の就労支援を行うNPO法人アール・ド・ヴィーヴル。
 舞台は1940年代、ブラジルの精神病院。暴力的な治療が常識だった時代、愛と芸術で患者たちに光を取り戻した女医、ニーゼをモデルにした作品だ。
 時間は午前10時半〜と、午後1時半〜の2回。3時20分ごろから作家の田口ランディ氏をゲストにアフタートークも行われる。前売1000円、当日1300円。前売りはハルネ街かど案内書、伊勢治書店、平井書店他で販売、同法人でも受付。15歳未満は入場不可のため、事前申し込みで託児可。(問)同法人【電話】【FAX】0465・25・4534【メール】info@artdevivre-odawara.jp

開催日

2018年3月3日(土)
午後の部:13:30~上映、15:20ごろからアフタートーク

住所

神奈川県小田原市荻窪300番地

費用

1,300円
前売り1000円

問い合わせ

萩原さん

電話

090-7009-9305

090-7009-9305

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2018-02-05

関連タグ