圧巻!7000個以上のつるし雛や300年前のおひなさまも「瀬戸屋敷ひなまつり」

圧巻!7000個以上のつるし雛や300年前のおひなさまも「瀬戸屋敷ひなまつり」

 開成町金井島のあしがり郷瀬戸屋敷で2月17日(土)から「瀬戸屋敷ひなまつり」が始まる。3月4日(日)まで。

 「江戸時代に、おじゃまします。」をテーマに毎年行われている人気イベント。300年前の「享保雛」や瀬戸屋敷収蔵のひな人形、婦人会手づくりのつるし雛など7000個以上が屋敷内に展示される。高さ2・4mの「大つるし雛」も注目。期間中の毎週土曜日は午前11時と正午に「あじさいちゃん」が見物客を出迎える。3月3日(土)には1日限定の「夜のひなまつり」も予定されている。

圧巻!7000個以上のつるし雛や300年前のおひなさまも「瀬戸屋敷ひなまつり」

開成町のマスコットキャラクター「あじさいちゃん」お出迎えも

 入園料400円(中学生以下無料)。時間は午前10時から午後5時(最終入園午後4時)。開成駅と会場を結ぶ有料シャトルバスを毎日運行する。問い合わせは瀬戸屋敷【電話】0465・84・0050へ。

 

開催日

2018年2月17日(土)~2018年3月4日(日)

住所

神奈川県足柄上郡開成町あしがり郷瀬戸屋敷

期間中は毎日開成駅から有料シャトルバス運行

費用

入園料400円(中学生以下無料)

問い合わせ

瀬戸屋敷

電話

0465-84-0050

0465-84-0050

人気記事

注目