東日本大震災から7年ー。キャンドルナイトや祈りの夕べ、灯ろう流しほか【神奈川の震災関連イベント2018】

このイベントは開催・申込を終了しました

東日本大震災から7年ー。キャンドルナイトや祈りの夕べ、灯ろう流しほか【神奈川の震災関連イベント2018】

こんにちは、RareA編集部です。

東日本大震災から3月11日で7年ー。神奈川県内では、各地で講演会やイベントが予定されています。

あの日の記憶をいま語る

大和市では、当時宮城県東松島市の小学生だった“語り部”が「今だから伝えたいこと」を語ります(3月9日・11日)。東松島市高校生震災ガイド「TTT」のメンバーが、震災当日の3月11日に地元を離れて講演するのは今回が初めて。遺体安置所になった石巻西高校の元校長で東北大学特任教授の齋藤幸男さんも参加する予定です(3月9日)。

総持寺や鎌倉大仏で「祈る」

 横浜市鶴見区の大本山総持寺では3月10日(土)、祈りの夕べが行われます。全国大会常連の福島県立安積黎明高校合唱団と、横浜市立上寺尾小学校の合唱部が歌声を響かせます。

 また、鎌倉大仏高徳院では3月11日(日)、宗派を超えた「東日本大震災 追悼・復興祈願祭」を開催。祈願には誰でも参加できます。

映画で、プラネタリウムで、3.11を考える

藤沢市の東勝寺では、震災発生時刻の3月11日14時46分からドキュメンタリー映画『祝福(いのり)の海』を上映。東条雅之監督のトークも行われます。

横須賀市でも、原子力発電(施設)と核のゴミに疑問を投げかける島田恵監督のドキュメンタリー映画『チャルカ ─未来を紡ぐ糸車─』の上映会が行われます。小泉純一郎氏が持論を述べている講演シーンや、作品上映後には島田監督の講演も。

星空の下、被災者の想いを朗読で紹介する「プラネタリウム特別投影『星空とともに』」を行うのは(3月3日・11日)湘南台文化センターこども館。仙台市天文台で制作されたこの番組。3月11日の震災の夜、人々はどんな想いで星空を見つめていたのでしょうか。 

忘れないで…

横浜市青葉区では福島県の「うつくしま絵手紙の会」による『忘れない展』を3月10日(日)まで開催中。川崎市では追憶と鎮魂、復興の思いを込めた「多摩川灯ろう流し」を3月10日(土)に開催します。

被災地支援に

横浜お囃子会」は被災地支援のため弘明寺商店街中央の観音橋で3月11日(日)に太鼓演奏を行います。演奏会は8回目。13時から15時30分まで、演奏をしながら募金を受けつけます。

 

 

※情報は随時更新中。その他のイベント、詳細は下記をチェック!

▼【神奈川・東京多摩の震災関連イベント2018】

開催日

2018年2月20日(火)~2018年3月18日(日)

関連記事

人気記事

注目