「あれ?なんだっけ」が増えたら…もの忘れ外来医師ら認知症講座【無料・横浜駅東口】

このイベントは開催・申込を終了しました

「あれ?なんだっけ」が増えたら…もの忘れ外来医師ら認知症講座【無料・横浜駅東口】

神奈川県立精神医療センターもの忘れ外来担当医の安田新医師(認知症サポート医)

神奈川県立精神医療センターが主催する「第1回認知症シンポジウム」が、4月14日(土)に横浜駅きた東口徒歩5分の「TKPガーデンシティ横浜」6階ホール6Aで開かれます。公開講座は13時30分から。事前申込不要で無料。

第1部の講演は、横浜相原病院の吉田勝明院長が「認知症は神様からのプレゼント」と題して登壇します。

第2部の講演は「どこまで進んだ?”認知症の根本治療薬開発”」をテーマに、横浜市立脳卒中・神経脊椎センターの臨床研究部部長を務める秋山治彦医師が話します。

また15時30分からは「認知症に対する医療と行政」について、吉田院長と秋山医師に加え、神奈川県保健福祉局技監で地域包括ケア担当の中澤よう子さんの3人によるパネルディスカッションもあります。コーディネーターは主催の精神医療センターで「もの忘れ外来」担当医の安田新医師が務めます。

認知症に関する専門家の貴重な話が聞ける場となるので、ぜひ足をお運びください。

加齢?認知症?早期診断の重要性

物忘れが多くなったとしても、それが「認知症」の初期症状なのか単なる加齢によるものなのかの判断は難しいものです。もっとも、精神医療センターの安田医師によれば、「発覚が早期であればあるほど、治療方法の余地があります。つまり、初期段階であれば症状の進行を遅らせることも十分可能になってきました」とのことで、早い段階で専門医の診断を受けることが重要なようです。また場合によっては、うつ病と認知症が併発しているケースも少なくないそうです。

県立精神医療センターでは昨年秋から、もの忘れ外来の受付を開始していますので、症状が気になる方は一度、相談してみるのもよいかもしれません。

神奈川県立精神医療センター【横浜市港南区芹が谷2-5-1/045-822-0241】

開催日

2018年4月14日(土)

13時30分~16時30分

住所

神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1コンカード横浜6F TKPガーデンシティ横浜

会場は6階ホール6A(横浜駅きた東口徒歩5分)

費用

無料(事前申込不要)

問い合わせ

神奈川県立精神医療センター・地域医療連携室

電話

045-822-0241

045-822-0241

注目