“江戸の人”になろう「かわさき大江戸時代まつり」着物体験に撮影会、おいらん道中など

このイベントは開催・申込を終了しました

“江戸の人”になろう「かわさき大江戸時代まつり」着物体験に撮影会、おいらん道中など

2015年中原街道時代まつりでのおいらん道中

国宝展示にはじまり、衣装体験、髪結い化粧の実演など、様々な江戸文化に触れるイベント「かわさき大江戸時代まつり」が5月4日(金)、5日(土)に川崎市国際交流センター(川崎市中原区)で開催されます。入場無料。

江戸時代にタイムスリップ

江戸時代の文化、情緒を再現する祭り。実行委員などが衣装を身にまとい練り歩くおいらん道中など、まさに江戸時代にタイムスリップしたかのような演出が楽しめます。

また、徳川家光御手焙のほか、着物や鎧、兜といった国宝展示、京都の髪結い師による髪結い化粧の実演や友禅作家作品展、日本舞踊の発表会など、多彩なプログラムを用意。

様々な衣装に着替えて撮影することもできます。さらに、大江戸カラオケ大会も楽しめます。

江戸・着物文化を世界に発信

主催するのは、NPO法人日本伝統文化福祉振興協会理事長の高島厚子さんが委員長を務める、かわさき大江戸時代まつり実行委員会。高島さんは、第15回まで開催された「中原街道時代まつり」を手掛けるなど、江戸と着物文化を題材としたイベントに20年間携わってきました。

今回のかわさき大江戸時代まつりは、2020年に東京五輪・パラ五輪が開かれることから、大勢の外国人が集まる川崎市国際交流センターから日本文化を発信しようと企画されたもの。「これまで行ってきたお祭りの集大成として、日本の方だけではなく外国の方に着物文化、江戸の文化を届けたいと思います」と高島さんは意気込みを語ります。

開催日

2018年5月4日(金)~2018年5月5日(土)

4日:10時から17時
5日:10時から16時

住所

神奈川県川崎市中原区木月祇園町2-2 川崎市国際交流センター

費用

無料

問い合わせ

かわさき大江戸時代まつり実行委員会

関連記事

人気記事

注目