春の引地川清掃 with 鯉のぼり「自然と触れ合い、郷土愛深めて」

このイベントは開催・申込を終了しました

春の引地川清掃 with 鯉のぼり「自然と触れ合い、郷土愛深めて」

 薫風の中を泳ぐたくさんのこいのぼり。春の大型連休、家族で思い出づくりに出かけては――。毎年恒例の「春の引地川清掃with鯉のぼり」が連休初日を飾る4月28日㈯、引地川親水公園(大庭字中沢6510)で催される。今年もワークショップなど家族で楽しめる企画を用意した.

 ボランティア団体「パートナーシップ善行」の主催。有志の「河童北友会」が協力する。
 きっかけは10数年前。若手事業者らが地元を流れる引地川に親しんでもらおうと企画したのが始まりだ。
 こいのぼりは江戸時代、武家が男児の出生と健康を願い、庭先で飾られたことにちなむ。子どもの健やかさを願う気持ちは古今変わらず、「家族の思い出がつまったもの。もう一度晴天の空にたなびかせよう」。子どもの成長が一段落して役目を終えたこいのぼりを地域で募り、第1回目の開催にこぎつけた。
 その後、飾り付けを一度限りで終わらせてしまうのは忍びないと、現在の形に。河童北友会には発足からのメンバーも多く、毎年運営を支えている。
 こいのぼりは古くなり飾れなくなったものもあるが、毎年数十匹が気持ちよさそうに青空を泳ぐ。「最近はこいのぼりを上げられる場所も少ない。もう一度日の目を見させてあげたくてね」と同会会長の川又辰治さんは笑顔で話す。

 当日はメンバーらがこいのぼりを上げた後、園内のごみ拾いを実施。地元伝統工芸の「片瀬こま」を回す体験会や、手作りした凧を上げるワークショップ(先着50人)もある。午前9時から午後3時。雨天中止。会場では不要になったこいのぼりの寄付も受け付ける。
問い合わせはパートナーシップ善行(0466・80・6081)へ。

春の引地川清掃 with 鯉のぼり「自然と触れ合い、郷土愛深めて」

「9時半ごろから30分ほど公園のごみ拾いも行います。家族での思い出づくりや郷土愛につながれば」と実行委員長の望月明さん

開催日

2018年4月28日(土)

9時から15時
雨天中止

住所

神奈川県藤沢市引地川親水公園

問い合わせ

パートナーシップ善行

電話

0466-80-6081

0466-80-6081

人気記事

注目