旧多摩聖蹟記念館常設展示「西郷隆盛と大河ドラマの登場人物たち」

このイベントは開催・申込を終了しました

旧多摩聖蹟記念館常設展示「西郷隆盛と大河ドラマの登場人物たち」

展示されている西郷隆盛の書「一戦貪生非懼死」

 NHK大河ドラマで現在放送されている「西郷どん」。その主人公である西郷隆盛の遺墨などが現在、旧多摩聖蹟記念館で展示されている。
 明治150年事業の一環として「西郷隆盛と大河ドラマの登場人物たち〜明治人の筆あと〜」が開催中の同館。同館は、明治天皇の行幸を記念して1930年に元宮内大臣の田中光顕が中心となって地元住民の寄付、協力によって建てられた洋風建築で市の指定文化財となっている。
 その同館では、田中光顕が収集した幕末、維新志士の遺墨が保存されている。今回の展示では、田中光顕と幕末に親交のあった西郷隆盛の遺墨となる書画「一戦貪生非懼死」をはじめ、大河ドラマに出てくる島津斉彬や大久保利通、五代友厚らの書や絵画が紹介されている。
 入場無料。期間は7月29日(日)まで。開館時間は午前10時〜午後4時。毎週月曜・水曜は休館日(その他の休館日は市HPで確認を)。詳細は市教育委員会文化財係【電話】042・338・6883へ。

開催日

2018年4月28日(土)~2018年7月29日(日)

住所

東京都多摩市連光寺5-1-1

問い合わせ

多摩市教育委員会教育振興課文化財係

電話

042-338-6883

042-338-6883

関連記事

人気記事

注目