伊東雅江「鎌倉のステキな情景」絵画展

このイベントは開催・申込を終了しました

伊東雅江「鎌倉のステキな情景」絵画展

湯浅物産館(リニューアル前)を描いた作品

 鎌倉市内のレトロモダンな建物などを描いた作品展が、7月28日(土)と29日(日)に湯浅物産館1階カフェ「久時」と2階「鎌倉着物スタジオ」(雪ノ下1の9の27)で開催される。主催は鎌倉・まちの記憶を伝える会と鎌倉子育てガイド。

 展示される作品は、常盤在住の画家・伊東雅江さんが描いた市の重要景観建築物など約30点。会場である湯浅物産館もその1つだ。「1936年に建てられたアーチ状の窓が素敵な建物。一般の方が立ち寄るきっかけになれば」と伊東さん。

 伊東さんは約20年にわたり、明治・大正・昭和の建物などをテーマに「昔の街の記憶」を表現してきた。10年前には、街の移り変わりや街づくりを紹介する絵本『鎌倉 まちのいろは』の絵も担当した。1枚描くために入念に取材をし、昔と姿が変わった建物も写真や資料を集めて描いている。「案外、家や建物全体を写した写真ってないんです。一部だけ写っているものを図面と照らし合わせたり、白黒写真は持ち主に色を聞いたり。一年中制作のために動き回っています」と話している。

 展示は午前10時〜午後5時。入場無料(カフェでの飲食は有料)。(問)鎌倉着物スタジオ【電話】0467・25・3434

開催日

2018年7月28日(土)~2018年7月29日(日)

住所

神奈川県鎌倉市雪ノ下1の9の27 湯浅物産館1階カフェと2階着物スタジオ内で

関連記事

注目