金沢文庫といえばデイキ!泥亀永島家の面影~永島家文書とその世界~

このイベントは終了しています

金沢文庫といえばデイキ!泥亀永島家の面影~永島家文書とその世界~

 江戸時代、金沢の入海の干拓を計画し、6代にわたる努力と苦難の末に泥亀新田を完成させた永島家。金沢文庫には、そのルーツや不屈の努力、そして地元住民とのやりとりを伝える古文書が残されている。この企画展では、永島家文書を紹介するとともに歴代当主の苦闘をたどり、金沢の風景の変遷をたどります。
 金沢文庫、地元の方以外も、横浜の歴史を知るうえでとても参考になりそうです。
写真は…永島亀巣肖像(布施悌次郎画)と米船来航図絵(永島家伝来、 船中弦歌の図)

開催日

2016年6月3日(金)~2016年7月31日(日)

09:00 〜 16:30

【休館日】 毎週月曜日(祝日は開館)、7月19日㈫

住所

神奈川県横浜市金沢区金沢町142

費用

200円
一般250円/学生・20歳未満150円/65歳以上・高校生100円

問い合わせ

神奈川県立金沢文庫

電話

045-701-9069

045-701-9069

人気記事

注目