祖父と孫のイマドキ事情「アプリで思い出共有」(横浜市港北区)

祖父と孫のイマドキ事情「アプリで思い出共有」(横浜市港北区)

嬉しそうにタブレットを見る小嶋さん

イマドキおじいちゃん

「ほらほら、こうやっていつも写真が送られてくるんだよ」。そう言って掌に乗ったタブレットを嬉しそうに見せてくれるのは、4人の幼い孫を持つ小嶋純一さん(日吉本町在住・通称「監督」)。タブレットのアプリを使い、孫とビデオ電話や写真・動画交換、メールのやりとりをしているという、イマドキおじいちゃんです。その中に入っている写真の数は「数千枚?」。そのエピソードの数も枚挙にいとまがないほど。

孫の成長を感じる

「カントクーっ!明日遊びに行くからね!」と画面いっぱいに飛び込んでくる孫の笑顔を見ながら、日々ビデオ電話で会話を楽しんでいます。「子どももとても嬉しそうです」と娘の悠宇里さんもにっこり。生まれたその時から、ことあるごとに送られてくる写真や動画は、孫の成長を感じる一つの手段でもあります。数枚に亘って収められるのは、クマのぬいぐるみと孫が並んだ写真。ページをめくるたびにクマが小さくなっていきます。

大切な時間を紡ぐ

妻が初孫を抱いた写真から始まるアルバム。妻が写るものはそれきりでした。5年前、初孫の誕生からほどなくして妻は逝去。それをきっかけに「寂しいだろうから」と息子の一慶さんがタブレットを買ってくれたのだといいます。「しっかりご飯を食べているか心配!」と言われ、3食分の写真を送っていたことも。「俺より良いもん食べてるじゃんかぁ」などと冗談を言い合ったり、しばらく音沙汰がないと「生きてるか?」と連絡が来たり。親思いの子どもとの大切な時間を紡ぐのも、このタブレットの役目なのです。

「そろそろ新しいの買ってあげるよと言われているけど、これで十分」。裏返すと名前が刻印されている一台のタブレット。そこには家族の思い出と想いが詰まっています。

家族3世代特集TOPに戻る

関連記事

人気記事

注目