健幸まちづくりシンポジウム@パルテノン多摩

このイベントは開催・申込を終了しました

健幸まちづくりシンポジウム@パルテノン多摩

 (一社)環境未来フォーラムと多摩市、(公財)多摩市文化振興財団の共催による「健幸まちづくりシンポジウム」が11月1日(木)、午後2時から4時30分まで、パルテノン多摩小ホールで開催される。入場無料。

 「このまちで暮らすあなたと考える持続可能な地域づくり」と題して行われる今回のシンポジウム。
 当日、「人生を最期まで自分らしく生ききるために〜医療・介護の自己決定のススメ〜」と題した基調講演を行うのは、河北医療財団理事長相談役の天本宏氏。天本氏は、長年にわたり多摩地区で高齢者医療を牽引し、地域包括ケアの先駆けとなる活動を行い、喜寿を迎えようとしている現在も、現役の医師として認知症治療・ケアに携わっている。

 講演の後は、弦楽四重奏によるミニコンサートを挟み、「誰もが健幸に過ごせる魅力あるまちづくりのために」をテーマに、パネルディスカッションを行う。多摩市健幸まちづくり政策監の倉吉紘子氏をコーディネーターに、UR都市機構の中尾唯史氏、京王電鉄(株)の古屋圭子氏、多摩市医師会会長の田村豊氏、NPO法人どんぐりパン理事長の篠崎裕子氏の4氏がパネリストとして登壇する。

 定員は300人。聴講希望者は直接会場へ。問い合わせは、市健幸まちづくり推進室【電話】042・338・6916へ。

開催日

2018年11月1日(木)

住所

東京都多摩市落合2-35

問い合わせ

多摩市健幸まりづくり推進室

電話

042-338-6916

042-338-6916

関連記事

注目