秋の南足柄「さんま大祭」!大雄山最乗寺・岩原八幡神社の2会場で開催

このイベントは開催・申込を終了しました

秋の南足柄「さんま大祭」!大雄山最乗寺・岩原八幡神社の2会場で開催

あつあつ焼きたて さんまを満喫

秋空の下で旬のさんまを焼き、あつあつをいただく。そんなイベント「さんま大祭」が11月10日(土)に南足柄市の2か所で開催される。東日本大震災復興支援イベントとして位置付けられているもので、会場で「さんま大祭うちわ」を500円で購入すると、さんま(一尾)が提供され焼きたてを食することができる。主催はさんま大祭実行委員会(南足柄市商工会他)。

収益金は全額、被災地の復旧・復興に役立ててもらう義援金として現地に寄付される。

秋の南足柄「さんま大祭」!大雄山最乗寺・岩原八幡神社の2会場で開催

写真はイメージ

歴史あるお寺や神社で開催

イベント会場は曹洞宗の古刹「大雄山最乗寺」(南足柄市大雄町1157)と「岩原八幡神社」(南足柄市岩原937)の2カ所。時間は大雄山最乗寺が午前10時~午後2時、岩原八幡神社が午前10時30分~午後2時。最乗寺では午前10時から祈祷も行われる。参加方法は事前申し込み不要で、当日直接会場へ。

災害への意識を高め、支援の輪を広げよう

南足柄市商工会では「東日本大震災発生から7年が経ち、被災地域では復興に向けてさまざまな取り組みが行われています。イベントが被災地支援の一助になり、また災害に対する意識を高めることで日頃の備えを考えるきっかけになればと取り組んでいます。皆様のご参加をぜひお待ちしています」と呼びかけている。

神奈川県西地域の3商工会が連携

「さんま大祭」は実行員会を設けて、南足柄市商工会、山北町商工会、真鶴町商工会が連携して実施している。山北町は10月14日に開催された「やまきた夕市」で実施(終了)。真鶴町では11月11日(日)に開催される「豊魚豊作祭」で行われる。※うちわ購入によるさんま提供は南足柄市限定。他会場は寄付金協力者への提供になる。

秋の南足柄「さんま大祭」!大雄山最乗寺・岩原八幡神社の2会場で開催

開催日

2018年11月10日(土)

大雄山最乗寺の時間は午前10時~午後2時。10時から祈祷も行われる。

住所

神奈川県南足柄市大雄町1157  大雄山最乗寺

岩原八幡神社(南足柄市岩原937)でも同日開催される。時間は午前10時~午後2時。

費用

「さんま大祭うちわ」を500円で購入すると、さんま一尾が提供される。収益金は全額被災地へ寄付される。

問い合わせ

南足柄市商工会

電話

0465-74-1346

0465-74-1346

ホームページ

http://www.kintaro.or.jp/

注目