健幸まちづくりシンポジウム「2025年・地域医療のカギを探る!」

このイベントは開催・申込を終了しました

健幸まちづくりシンポジウム「2025年・地域医療のカギを探る!」

 「健幸都市(スマートウェルネスシティ)」を目指して、様々な取り組みを進めている多摩市。「2025年・地域医療のカギを探る!」をテーマにした「健幸まちづくりシンポジウム」が11月4日(日)、午前10時〜正午、ベルブ永山ベルブホールで開催される。入場無料で事前申し込み制。

 シリーズで開催される同シンポジウム。今年度第2回となる今回は、市内の5病院の院長が集まり、地域医療における「周産期から終末期まで、その連携と役割について」と題したパネルディスカッションを行う。

 パネリストは、多摩南部地域病院長の和智明彦氏、日本医科大学多摩永山病院長の中井章人氏、厚生荘病院長の平山俊和氏、天本病院長の舟木成樹氏、聖ヶ丘病院長の米戸敏彦氏と、多摩市医師会長の田村豊氏。コーディネーターは、多摩市健幸まちづくり政策監の倉吉紘子氏が務める。

 定員は先着順で150人。参加希望者は、電話(【電話】042・376・9111)か、FAX(【FAX】042・371・1235)、電子申請で多摩市公式HPの専用フォームから申込みを。なお第3回は来年2月10日(日)に開催が予定されている。

 問い合わせは、市健康推進課【電話】042・376・9111へ。

開催日

2018年11月4日(日)

住所

東京都多摩市永山1-5

問い合わせ

多摩市健康福祉部健康推進課

電話

042-376-9111

042-376-9111

注目