平成最後の大晦日!豪華カウントダウンの「ジルヴェスターコンサート」 横浜みなとみらいホール

平成最後の大晦日!豪華カウントダウンの「ジルヴェスターコンサート」 横浜みなとみらいホール

平成最後の年越しに、忘れられない思い出を作りたい方におすすめのイベント―。

横浜みなとみらいホールで12月31日、恒例の「ジルヴェスターコンサート 2018-2019」が開催されます。21時開演(20時20分開場、20時30分頃よりロビーコンサートを開催予定)、終演予定は午前0時20分。ジルヴェスター」とはドイツ語で大晦日の意味。音楽を聴きながらカウントダウンが行われ、演奏終了と同時に感動の新年を迎えます。

豪華ソリストがこの日限りの集結

今年も国内外で活躍する豪華ソリストたちが、この日のために特別オーケストラを結成。

ゲルハルト・オピッツ、小川典子(ピアノ)、三浦文彰(ヴァイオリン)、小林沙羅(ソプラノ)、村上敏明(テノール)といった顔ぶれが揃います。

平成最後の大晦日!豪華カウントダウンの「ジルヴェスターコンサート」 横浜みなとみらいホール

ゲルハルト・オピッツ、小川典子、三浦文彰、小林沙羅(左上から時計回りに)

横浜みなとみらいホール館長の池辺晋一郎が音楽監督に就き、指揮を執るのは飯森範親。日本を代表するヴァイオリニスト、徳永二男がエグゼクティブ・ディレクターを務めます。司会はテレビでもおなじみの朝岡聡。

平成最後の大晦日!豪華カウントダウンの「ジルヴェスターコンサート」 横浜みなとみらいホール

池辺晋一郎、飯森範親、朝岡聡、徳永二男(左上から時計回りに)

演奏曲は、2018年・2019年がアニバーサリーイヤーにあたる作曲家にちなんだ名曲の数々を中心に、ロッシーニ「ウィリアム・テル 序曲」や服部隆之「真田丸」、池辺晋一郎「黄金の日日」ほか。

「展覧会の絵」で年越しカウントダウン

カウントダウンは来年生誕180周年を迎えるムソルグスキー「展覧会の絵」(抜粋)。テレビ番組にもよく使われるおなじみの名曲で、0時00分の年明けに向けて演奏する、スリリングなカウントダウンは注目です。

全席指定。S席11,000円、A席9,000円、B席7,500円。チケット申し込み、問い合わせはホールチケットセンター℡045-682-2000へ。

開催日

2018年12月31日(月)

21時開演(20時20分開場、20時30分頃よりロビーコンサートを開催予定)
0時20分頃、終演予定

住所

神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-6 横浜みなとみらいホール 大ホール

費用

【全席指定】
S席11,000円、A席9,000円、B席7,500円
学生、65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方 各席種5%割引

問い合わせ

横浜みなとみらいホールチケットセンター

電話

045-682-2000

045-682-2000

人気記事