【動画付き】クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 2018年はドイツ古都アーヘンがモチーフ

【動画付き】クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 2018年はドイツ古都アーヘンがモチーフ

2018年開催初日の様子

横浜赤レンガ倉庫では11月23日(金・祝)から12月25日(火)まで、「クリスマスマーケット」を開催します。昨年は80万人近くが訪れた人気イベント。「ヒュッテ」と呼ばれる木の屋台で温かいフードやドリンク、クリスマス雑貨などが販売され、本場ドイツの賑やかな雰囲気が味わえます。開催時間は11時から22時(12月14日までは21時)まで。入場無料。

【動画付き】クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 2018年はドイツ古都アーヘンがモチーフ

巨大ジンジャーブレッドマンがお出迎え

9回目の開催となる2018年のクリスマスマーケットはドイツの古都・アーヘンがモチーフ。ドイツで初めて世界遺産に登録された「アーヘン大聖堂」がある石畳の旧市街で行われるアーヘンのクリスマスマーケットは、ご当地スイーツのクッキー「アーヘナープリンテン」を模した巨大ジンジャーブレッドマン型のプリンテン人形が名物。今回のイベント会場には、現地と同じ型の高さ3mの人形が2体設置されます。

光のトンネルの下、ドイツの郷土料理やワインを満喫

会場海側には、本物のモミの木を使用した高さ10mのクリスマスツリーがそびえ立ち、ツリーまでの道のりをイルミネーションルーフが華やかに演出します。

【動画付き】クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 2018年はドイツ古都アーヘンがモチーフ

開催初日の11月23日から、多くの人が訪れました

ヒュッテには、冷えた身体を温めてくれるドイツの郷土料理やグリューワインのお店が多数。クリスマスには欠かせない「シュトレン」も複数店舗で販売されます。

【動画付き】クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 2018年はドイツ古都アーヘンがモチーフ

器ごと食べられる「シチューパングラーシュ」

【動画付き】クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 2018年はドイツ古都アーヘンがモチーフ

今年は過去最多25種類のグリューワインが登場

会場限定オリジナルマグカップ(600円)やエコバック(500円)など、イベントに合わせて作られたオリジナルグッズも魅力。会場内インフォメーションなどで購入できます。

【動画付き】クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 2018年はドイツ古都アーヘンがモチーフ

マシュマロやプリンテン人形をモチーフにしたキーホルダーも

11月23日に点灯式 フィナーレは仕掛け花火

開催初日の11月23日(金・祝)17時から、点灯式・オープニングセレモニーが行われました。点灯の瞬間、花火の様子はこちら↓

フェリス女学院の声楽アンサンブルグループ「フェリス・フラウエンコーア」がクリスマスソングを披露した後、高さ約10mの巨大ツリーや会場のイルミネーションが一斉に点灯。フィナーレには仕掛け花火が上がり、会場を盛り上げました。

【動画付き】クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 2018年はドイツ古都アーヘンがモチーフ

「きよしこの夜」などを披露したフェリス女学院の声楽アンサンブル

イルミネーション特集トップへ

イベント広場では「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」も開催しています。

開催日

2018年11月23日(金)~2018年12月25日(火)

11時〜21時(12月15日~12月25日は22時まで)
ライトアップは16時から、ツリーのみ23時まで
※11月23日(金・祝)は15時オープン、17時から点灯式

住所

神奈川県横浜市中区新港1-1 横浜赤レンガ倉庫イベント広場

費用

入場無料(飲食・物販代は別途)

問い合わせ

横浜赤レンガ倉庫

電話

045-227-2002

045-227-2002

関連記事

人気記事

注目