聖マリアンナ医科大学で医療従事者に「希望の光」届けるクリスマスイルミ点灯 (川崎市宮前区)

シェアする

このイベントは終了しました。

クリスマスイルミネーションの点灯式の様子

規模と期間を大幅に拡大

 クリスマスを前に、宮前区内で聖マリアンナ医科大学と児童発達支援センター・川崎西部地域療育センターにツリーが設置された。聖マリアンナ医科大学で11月30日、対コロナの最前線に立つ医療従事者に希望の光を届けようと、クリスマスイルミネーションの点灯式が行われた。

 明石勝也理事長は「できる事、やらねばならない事を、力を合わせ頑張ってきた。この光が少しでも救いの光、希望の光となれば」とあいさつ。カウントダウンでイルミネーションが点灯し病院入口を青く染めると、道行く人から歓声が上がり、写真を撮る人も多く見られた。

 2020年のイルミネーションは約7万球に規模を拡大し、ブルーライトに変更。午後4時30分から11時、来年3月31日まで毎日点灯させる。

子どもたちへ

 児童発達支援センター・川崎西部地域療育センターでは、フラワーアーティストの中川聖久さん(葉山町在住)から1日、クリスマスツリーが寄贈された。同センター利用者の母親である石渡和代さんと中川さんの思いが一致し、昨年に続き2度目。

 石渡さんはブライダル業界誌を発行しており、「コロナ禍でブライダル業界、またそれに付随する業界も多大な影響を受けている」と話す。「誰かに喜んでもらえることが私たち業界の喜びで、活力」と寄贈の意義を語った。中川さんは「子どもたちや家族に良いクリスマスを、業界も盛り上がれば」と話した。

イルミネーション特集

開催日

2020年11月30日(月)~2021年3月31日(水)
点灯時間:午後4時~午後11時

住所

神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1

聖マリアンナ医科大学

公開日:2020-12-17

関連タグ

同じ特集の記事