実話の特攻悲劇語る朗読劇「月光の夏」。秦野のタウンニュースホールで開催。

このイベントは終了しています
実話の特攻悲劇語る朗読劇「月光の夏」。秦野のタウンニュースホールで開催。

 実話をもとに映画化され、日本中に大きな感動を呼んだ「月光の夏」の朗読劇が秦野市にあるタウンニュースホール(小田急線東海大学駅前南口徒歩1分)で開催されます。タウンニュース・エンターテイメント㈱主催。太平洋戦争末期、九州のとある小学校にやってきた2人の特攻隊員のうち1人が今生の別れにと、ベートーベンピアノソナタ「月光」を奏で去って行きました。「思いっきりピアノを弾きたい」。そう言い残し、鹿児島の知覧から戦地へと飛び立った若者の悲劇―。当時、その小学校に勤務していた女教師が思い出を忘れられず、語り継ぎ蘇った秘話です。
 原作・脚本は毛利恒之、出演は「劇団StepOne」所属の清水慶子さん、SHIORIさん、ヒウノリコさん、うえまつさん。ピアノ演奏は長谷実怜さん。詳細は下記問い合わせへ。

開催日

2016年9月17日(土)

昼の部/13時30分から、夜の部/18時から。開場は各回30分前。

住所

神奈川県秦野市南矢名一丁目5-13

費用

1500円
全席自由

問い合わせ

タウンニュース・エンターテイメント㈱

電話

0463-77-0025

0463-77-0025