百合丘ではしご酒『ゆりバル』初開催【川崎市麻生区】

このイベントは開催・申込を終了しました

百合丘ではしご酒『ゆりバル』初開催【川崎市麻生区】

はしご酒イベント「ゆりバル」が、百合ヶ丘駅周辺で2月21日(木)、22日(金)に初開催される。

百合丘の酒屋「カノコビア&マルシェ」の飛永かの子さん=人物風土記で紹介=が、飲食店同士のつながりや住民同士の交流などまちの活性化を目的に企画。飛永さんは同実行委員長も務める。

イベントでは参加12店舗が、1000円でワインとおつまみのセットを提供。参加店で同イベント特製グラス(100円)の購入が必要で、グラスを持って自由に各店をまわることができる。

日本ワインを気軽に

提供されるのは、日本で収穫されたぶどうから造られた「日本ワイン」。ワインエキスパートで日本ワイン応援団女子部の藤川百々英さんがメニューに合うワインを選定した。「井筒ワイン メルロ」(長野県)や「高畠ワイナリー シャルドネ」(山形県)など店ごとに異なる銘柄を味わえるという。

飛永さんは「日本ワインは味噌や醤油に合うものもある。百合丘で日本ワインを気軽に飲めるお店が増えて認知度が上がり、百合丘も盛り上げていけたら」と意気込む。提供は各日午後6時から開始(無くなり次第終了)。追加注文も可だが「1店舗につき1時間以内の滞在を目安に譲り合って楽しんでほしい」と飛永さん。

参加店やメニュー等詳細はフェイスブックページ「ゆりバル〜百合ヶ丘ではしご酒」。

開催日

2019年2月21日(木)~2019年2月22日(金)

無くなり次第終了

住所

神奈川県川崎市百合丘

問い合わせ

ゆりバル実行委員会

関連記事

人気記事