近代ガラスの先駆者・淡島雅吉展@町田市立博物館

近代ガラスの先駆者・淡島雅吉展@町田市立博物館

ビトモール双壺花器(1969年)

昭和の日本を代表するガラス作家の1人で、ガラスデザイナーの草分け的な存在、淡島雅吉(1913―1979)の展覧会「近代ガラスデザインの先駆者 淡島雅吉展」が町田市立博物館で4月7日(日)まで開催中。午前9時〜午後4時30分。月曜休館。

耐火粘土や石膏型などにガラスを吹き込んで作られた「しづくガラス」など淡島の代表作や、モダンな吹きガラス作品など約140点を展示。初期から晩年までの淡島のガラス政策の全容を辿る。生前に町田市立博物館の初代館長で美術評論家の水沢澄夫(1905―1975)と親しくしていた縁があり、同館での開催が決まったという。

高校生以上300円、障がい者150円。問合せは町田市役所【電話】042・722・3111へ。

レアリア町田ページはこちら

開催日

2019年2月9日(土)~2019年4月7日(日)

住所

東京都町田市本町田3562 町田市立博物館

費用

300円
障がい者半額、中学生以下無料

問い合わせ

町田市役所

電話

042-722-3111

042-722-3111

関連記事

人気記事

注目