横浜中華街に崎陽軒「シウマイBAR」開店。踊る?「焼焼売」に注目!もち米シウマイも出来たて

シェアする
お店ではアツアツ出来たて!「焼焼売(やきシウマイ)」と「もち米シウマイ」

横浜中華街に「崎陽軒 中華街シウマイBAR(バル)店」が2019年2月27日(水)にオープンしました。場所はみなとみらい線「元町・中華街駅」から歩いてすぐ、朝陽門(東門)から中華街大通りに向かう角地にあります(かつて「エル」というカフェがあった場所)。

食べ歩きも楽しめるお店にリニューアル

お土産用の物販コーナーに加えて、テイクアウトとイートインを併設した“食べられてお土産も買えるお店”に、1年以上の歳月をかけてリニューアルしました。

入口には電子マネーも使える券売機

シウマイBARの1号店は2016年、東京駅一番街にオープンしましたが、「なぜ横浜にはないの?」との声を受けて、出来たての温かいシウマイが楽しめる“シウマイバル”が横浜にも誕生。食べ歩き文化が根強い横浜中華街で、インバウンド需要も見込んでいます。

2月26日に行われたお披露目会で挨拶する野並直文社長

たこ焼き機で作る?!「焼焼売(やきシウマイ)」

皮がパリパリ香ばしく、ビールにぴったり

「焼焼売(やきシウマイ)」は、焼いて食べる新商品。通常のシウマイには入っていない醤油の香ばしさとシャキシャキの筍が加わり、新しい食感が楽しめます。お店では出来たてアツアツの焼焼売を、意外にも「たこ焼き機」で焼いて提供しています。

↑これ、早送りではありません。本当にシウマイが小刻みに踊り跳ねる姿は必見!見た目の楽しさもさることながら、たこ焼き機でまわりを四方八方に焼くことでシウマイが丸くなり、皮全体が香ばしくパリパリに焼き上がります。焼いている様子はお店の外から見学することができます。

また、常温で5ヵ月保存できる真空パックの商品も発売になりました。こちらはフライパンで蒸し焼きにした後、焼いていただきます。

15個入620円(税込) 家庭でも根気よく焼けばお店の味を再現できます

「もち米シウマイ」など店舗限定メニュー多数!ランチセットも

蒸したての「もち米シウマイ」(お店では3個450円で提供)

店舗限定メニューで特筆すべきシウマイは、これまで通信販売でしか手に入らなかった「もち米シウマイ」です。生姜とオイスターソースを効かせた逸品。見た目通りですが、ほかほかご飯とシウマイを同時に食べている感覚で楽しめます。柚子胡椒やおろし生姜、ポン酢など、一味違った食べ方がおすすめです。

お昼には2つのランチメニューが登場。

シウマイ5種盛り合わせセット900円(税込)

ふかひれ粥セット650円(税込)

盛り合わせでは、昔ながらのシウマイ、特製シウマイ、えびシウマイ、かにシウマイ、黒豚シウマイの5種類を食べ比べできます。ランチセットには、シウマイ弁当でもファンが多い「筍煮」がついてきます。

ドリンクは、生ビールジョッキ(一番搾り生樽/500円)やレモンサワー(400円)などのほか、中華街らしくタピオカミルクティーやタピオカココナッツミルク(いずれも380円)なども提供しています。

シウマイのラインナップも、記事中で紹介したものに加え、季節限定のシウマイ(3個450円)や、中華まんの皮でシウマイを包んだ一口サイズのシウマイまん(6個400円)まで揃っており、まさにシウマイパラダイス。横浜中華街におでかけの際は、ぜひ立ち寄りたい新スポットです。

【関連記事】
ひょうちゃんが物語の鍵を握る?映画『翔んで埼玉』原作者・魔夜峰央さんインタビュー「ハマっこは『上から目線で楽しんで』」

住所

神奈川県横浜市中区山下町185 崎陽軒 中華街シウマイBAR(バル)店

席数はテーブルとカウンターで15席

問い合わせ

崎陽軒 中華街シウマイBAR(バル)店

電話

045-663-1139

045-663-1139

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2019-02-27

関連タグ