【川崎ブレイブサンダース】7か月ぶり「おかえり」とどろきアリーナで2連勝

【川崎ブレイブサンダース】7か月ぶり「おかえり」とどろきアリーナで2連勝

 バスケットボール男子Bリーグ1部・川崎ブレイブサンダースは10月10日と11日、市とどろきアリーナで今季初のホーム戦を開催。大阪に77―62、88―53で連勝を果たし、東地区3勝1敗とした。

 川崎BTは昨季、31勝9敗で首位を独走していたが、コロナ禍で3月15日のホーム戦を最後にリーグ戦は中断し、幕を下ろした。今月10日は、とどろきアリーナで行う約7カ月ぶりのホーム戦となった。

【川崎ブレイブサンダース】7か月ぶり「おかえり」とどろきアリーナで2連勝

©KAWASAKI BRAVE THUNDERS

 感染症対策として、今季は入場者を満席の約半分に制限して開幕。ホーム初戦のチケットは前日に完売した。当日は2375人が訪れ、久々の観戦を堪能するファンで盛り上がった。

【川崎ブレイブサンダース】7か月ぶり「おかえり」とどろきアリーナで2連勝

収容人数半分とは思えない盛り上がり

 初戦でスタメン出場した藤井祐眞選手は「お客さんの前でプレーできるのは本当に楽しい。たくさんの方のおかげで試合ができることに感謝」と充実感をにじませた。ホーム開幕戦を2連勝で飾り、篠山竜青主将は「やっと帰ってこれたという安心感とうれしさがある。改めてチームやファンの皆さんと一緒に優勝したいと思った」と気持ちを込めた。

【川崎ブレイブサンダース】7か月ぶり「おかえり」とどろきアリーナで2連勝

篠山主将 ©KAWASAKI BRAVE THUNDERS

 東日本台風の浸水被害を受け、床の張り替えなど改修を経て今月1日に利用再開したメインアリーナ。廣川智一支配人は「台風、コロナと環境が悪化する中、今回無事にホーム戦を開催することができ、目頭が熱くなる思い。携わっていただいた多くの方々に感謝したい」と胸中を語った。

開幕戦 ライブ中継!2日間、2会場に231人

 バスケットボール男子Bリーグ1部は10月2日に開幕し、アルバルク東京とのアウェー2戦を立川市で迎えた川崎ブレイブサンダース。2日はラゾーナ川崎(幸区)ルーファ広場、翌日は川崎ルフロン(川崎区)大型ビジョン前で試合ライブ中継の無料観戦イベントを開催した。

  コロナ禍による入場制限等で現地観戦ができないファンのために、クラブが企画。ファンクラブ会員限定で事前抽選の当選者を対象とし、初日は109人、2日間で231人が参加した。

【川崎ブレイブサンダース】7か月ぶり「おかえり」とどろきアリーナで2連勝

画面越しに応援するファン=10月2日

 約半年ぶりのリーグ戦となった2日。イベント会場にはチアリーダーズ「IRIS(アイリス)」、マスコットのロウルも登場した。川崎区の吉川拓也さん(37)は妻の三恵さん、ゆめ子さん(小3)、航太郎君(3)の家族4人で訪れ、「いよいよ始まったなという気持ち」と開幕を実感。「同じファンが集まって一体で応援するのはうれしい。普段のアリーナとは違う雰囲気だが楽しめた」と充実感をにじませた。

 川崎BTは初戦を79-85で落としたが、翌日は55-52で接戦を制した。

優勝誓う川崎BTが市庁舎訪問

 バスケットボール男子Bリーグ1部の開幕を前に、川崎ブレイブサンダース(BT)は先月30日、市庁舎を訪問。福田紀彦市長に決意を表明した。きょう10月2日、強豪のアルバルク東京との初戦を敵地で迎える。

【川崎ブレイブサンダース】7か月ぶり「おかえり」とどろきアリーナで2連勝

市長室を訪れた篠山主将(左)らクラブ一同

 30日はクラブ運営会社の元沢伸夫社長、北卓也GM、佐藤賢次ヘッドコーチ、主将の篠山竜青選手、副主将の青木保憲選手が出席。元沢社長は「昨季は(コロナ禍による)リーグ中断で獲れなかった優勝を、今季こそ川崎に持ち帰りたい」と力を込めた。佐藤ヘッドコーチは「団結する」との意味を込めて、今季のチームスローガン「UN1TE」(ユナイト)を宣言。「真ん中のI(アイ)は1(いち)になっている。優勝の『1位』にこだわり、チームに関わりのある全ての人たちと『一つ』になって立ち向かっていきたい」と思いを語った。

 福田市長は「勢いがある中での昨季の中断は、ファンも本当に残念だったはず。コロナが来たことで、スポーツやバスケが持っている力にみんなが気づいたと思う。川崎BTの力強さに、市民もファンも大いに期待している」と強調。市とどろきアリーナ(中原区)で迎える10月10日のホーム開幕戦は、現地へ応援に駆けつけるという。

 「昨季の悔しさを爆発させ、チームを取り巻くみんなで優勝をつかみにいく」と篠山選手。「リーグがどう変化していくか分からない中、一日ごとに準備と感染対策をしっかり行う」と気を引き締めた。

2冠へ体制充実!新アリーナ構想も進行

 バスケットボール男子B1の10月のシーズン開幕に向け、ユニホームスポンサーを先月発表した川崎ブレイブサンダース。DeNAグループのクラブ運営で3年目を迎え、リーグ制覇と天皇杯の2冠を最重要テーマとする元沢伸夫社長は「昨季達成できなかったタイトルを2年がかりで獲りにいく」と意気込む。

【川崎ブレイブサンダース】7か月ぶり「おかえり」とどろきアリーナで2連勝

展望を語る元沢社長=7月

 DeNA体制の始動時、「5年以内に1万人超規模のアリーナを新設する」と掲げた構想も進む。候補地は市内中部と南部の2カ所とし、計画のスケジュールは未定。元沢社長は「今季中に何か進ちょくを発表できれば」との意向を示している。

 東芝時代からクラブをけん引した北卓也前ヘッドコーチ(HC)がGMに就き、新たに佐藤賢次HC体制で臨んだ昨季は、クラブ史上最長の16連勝を記録。事業面では、ホーム平均入場者数を前年比約3割増の4732人に伸ばした。スポンサー社数は前年から59社増やし、140社としている。

 元沢社長は「コロナでリーグが3月に中断したのは非常に無念」とし、「支えてくださった皆さんに対し、恩返しできるのはバスケしかない。ホームアリーナで何か感じてもらえるような試合を届けたい」と今季への思いを語った。

胸ロゴに「ミツトヨ」東芝から承継、未来紡ぐ

【川崎ブレイブサンダース】7か月ぶり「おかえり」とどろきアリーナで2連勝

会見で新ユニホームを披露する篠山主将(左)、熊谷選手(右)

 バスケットボール男子B1・川崎ブレイブサンダースは2020年7月30日、10月に開幕する2020―21シーズンの新ユニホームを発表。ユニホームスポンサー各社が紹介され、メインの胸正面は東芝に代わり、高津区の株式会社ミツトヨ(沼田恵明社長)が新たに決まった。

 精密測定機器を製造し世界に事業展開するミツトヨは、クラブと連携し、川崎の未来を応援する活動に取り組む。営業本部長の山口秀和氏は、会見で「コロナの中、大きな決断だった。しかし、このようなときこそ同じ川崎で戦うブレイブサンダースの力になって、地域を元気にしたい」と力を込めた。

 川崎ブレイブサンダースの元沢信夫社長は「ユニホームの胸はクラブにとって特別な場所。クラブのビジョンに共感いただき、同じ夢に向かってチャレンジする一番のパートナー」と強調。承継後もユニホームスポンサーとして2季にわたりクラブを支えた東芝に対しては、「改めてお礼申し上げたい」と感謝を表した。東芝は今後も、オフィシャルスポンサーとしてクラブ支援を継続するという。

伝統の色基調に「一丸」を表現

 ユニホームは伝統のブレイブレッドを基調に、背面には川崎市のブランドメッセージを示す3色の稲妻を表示。地域とファン、クラブが一丸となって発展するイメージを表現した。

 主将の篠山竜青選手は、新ユニホームを着て「世界で活躍するミツトヨと一緒に戦えることをうれしく思い、今からワクワクしている」と話し、昨季まで長く歴史を築いてきた東芝に対し、「寂しい気持ちもあるが、また一緒にこれからも歴史を刻んでいきたい」と思いを語った。

 Bリーグ1部は今季、東西2地区の計20チームで編成され、10月2日に開幕。東地区の川崎BTは当日から、アルバルク東京と東京都立川市でアウェー2試合を戦う。

【過去の記事】

住所

神奈川県川崎市中原区等々力 とどろきアリーナ

注目