東日本大震災の記憶を伝える『星空とともに』プラネタリウム室で投影

シェアする

このイベントは終了しました。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災の記憶を伝えるため、平塚市博物館は3月9日(土)と10日(日)、被災地の仙台市天文台が制作した番組「星空とともに」を同館プラネタリウム室で投影する。番組では、震災の夜に大停電の被災地を照らした星空を被災者の手記などをもとに再現した。
 投影は各日午後3時30分から約45分間。観覧無料で、当日先着順・各回70人。整理券が当日午前9時から配布される。
 問い合わせは市博物館学芸担当【電話】0463・33・5111。

開催日

2019年3月9日(土)~2019年3月10日(日)

住所

神奈川県平塚市平塚市博物館3階プラネタリウム室

問い合わせ

平塚市博物館学芸担当

電話

0463-33-5111

0463-33-5111

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2019-03-07

関連タグ