「これぞ 日本の宝・珠玉の浮世絵名品展」@川崎・砂子の里資料館9/17まで

このイベントは終了しています

「これぞ 日本の宝・珠玉の浮世絵名品展」@川崎・砂子の里資料館9/17まで

 川崎・砂子の里資料館は旧東海道沿いに平成13年秋開館した文化施設です。浮世絵の展示は季節にあわせて毎月企画しています。が、残念なことに9月17日で、しばらく休館となるようです。
 今回の展示は「これぞ 日本の宝・珠玉の浮世絵名品展」~師宣・政信・春信から北斎、広重まで~。
 江戸の大衆文化「浮世絵」が、1680年代の菱川師宣から、奥村政信・西村重長ら揺籃期を経て、多色摺錦絵の鈴木春信を生み、湖龍斎・文調から歌麿・清長・栄之・写楽・春章・豊国などの黄金期を迎え、役者・美人画の浮世絵本流に加え、新たに風景画の北斎・広重が加わり、国貞・国芳らが江戸浮世絵師の最後を飾る、1860年代までの180年間にわたる「これぞ浮世絵」の名品を展示いたします。
写真は、歌川広重 東海道五拾三次之内 川崎 六郷渡舟2016©川崎・砂子の里資料館
館長の斉藤文夫氏と資料館外観です。

 

開催日

2016年9月1日(木)~2016年9月17日(土)

10:00 〜 17:00

日・祭日休館

住所

神奈川県川崎市川崎区砂子1-4-10

費用

解説書が進呈されます。

問い合わせ

川崎・砂子の里資料館

電話

044-222-0310

044-222-0310

注目