秦野・中丸沢の川沿いに植えられた約70本の「春めき桜」見頃に

秦野・中丸沢の川沿いに植えられた約70本の「春めき桜」見頃に

中丸沢の春めき桜(3月12日撮影)

春を告げるかのように寺山の中丸沢の川沿いに植えられている春めき桜が見頃を迎えている。

この桜は「中丸の里山を守る会」(石井貞男会長)の会員が毎年のように植樹を続けてきたもの。川沿いを中心にその数はおよそ70本にまで及んでいる。

春めき桜は、南足柄市で開発された早咲き種。ソメイヨシノより一足早く咲き、春の雰囲気が楽しめる。石井会長は「寺山の素晴らしい里地里山の自然環境を、地域の皆さんで楽しみながら保全している。今年も立派に咲きだしたかれんな花を楽しみに多くの方に訪れて欲しい」と話す。また、ライトアップも行われている。

人気記事

注目