平塚市博物館・春期特別展「民具の物語」

シェアする

このイベントは終了しました。

同館蔵で最長の173cmの田舟

市民から寄贈されたさまざまな道具を展示する春期特別展「民具の物語」が3月21日(木)〜5月6日(月)、平塚市博物館で開催されている。午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)。入館無料。

半世紀近くにわたり民俗資料の収集を続けている同館。現在も毎年市民20〜30人から、多い年は1000点以上の寄贈を受け入れている。

今回は収蔵品のうち、中原の湿田で使われていた田舟や、須賀で行われていた組紐づくりの綾竹台など、かつての暮らしを物語る約60点を展示。それぞれがいつどのように入手され、どのように使用されてきたのかを、寄贈者の思い出とともに紹介する。

また、関連行事として、3月31日(日)午後2時〜4時には、記念講演会「民具を調べて分かること〜平塚と相模原を比べてみると〜」を開催。4月14日(日)午後2時〜4時には「生きざまを伝える民具、生き方を伝える博物館」と題した講演会も予定している。

さらに講座「民俗資料収集の現場から」が4月28日(日)午前10時〜11時30分に行われる。各日、当日先着順で定員60人。

展示解説は3月23日(土)、4月6日(土)、5月4日(土)の各回午後1時〜1時50分に行う。休館は毎週月曜と4月30日(火)(4月29日、5月6日は開館)。問い合わせは、同館【電話】0463・33・5111へ。

開催日

2019年3月21日(木)~2019年5月6日(月)

住所

神奈川県平塚市平塚市博物館

問い合わせ

平塚市博物館

電話

0463-33-5111

0463-33-5111

公開日:2019-03-21

関連タグ