みなとみらいに2019年10月開業「横浜ハンマーヘッド」全国初の新業態など25店舗が決定

みなとみらいに2019年10月開業「横浜ハンマーヘッド」全国初の新業態など25店舗が決定

「客船ターミナル」「商業」「ホテル」一体型複合施設『YOKOHAMA HAMMERHEAD』完成イメージ

新港ふ頭(みなとみらい21地区)に整備が進む客船ターミナルを核とした複合施設「横浜ハンマーヘッド」。その内、今年10月開業を予定する商業施設の出店テナントが決定しました。名称は「ハンマーヘッドSHOP&RESTAURANT」とし、テナントは飲食店を中心に9つの全国初新業態を含む25店舗が出店。またコミュニティFM局のスタジオも整備される予定です。

みなとみらいに2019年10月開業「横浜ハンマーヘッド」全国初の新業態など25店舗が決定

工事が進む横浜ハンマーヘッド(6月14日撮影)

新港ふ頭に整備が進む「横浜ハンマーヘッド」は、客船ターミナルと商業施設、ホテルが一体となった複合施設。税関や出入国管理、検疫を行うCIQ施設を含む「新港ふ頭客船ターミナル」と、(株)横浜グランドインターコンチネンタルホテルが経営・運営する「インターコンチネンタル横浜Pier8」は今年11月開業、ふ頭の突端部分に横浜市が整備する「ハンマーヘッドパーク」は2020年3月下旬の供用開始を予定しています。

【関連】インターコンチネンタル横浜 Pier 8(ピアエイト)

ありあけ、鎌倉紅谷、バニラビーンズの新業態など25店舗

みなとみらいに2019年10月開業「横浜ハンマーヘッド」全国初の新業態など25店舗が決定

今回、決定したのは商業施設に出店するテナント25店。全国初新業態が9店舗あり、神奈川初や横浜初出店の店舗のほか、今夏本牧に開局予定のコミュニティラジオ局「マリンFM」のスタジオも出店します(以下、店名 / 運営会社 / 業種 ★は全国初の新業態、☆は神奈川初、●は横浜初)。

スイーツファクトリー&カフェ

  • VANILLABEANS THE ROASTERY ★/チョコレートデザイン(株)/クラフトチョコレートショップ 
  • ありあけ ハーバースタジオ ★/ (株)ありあけ / スイーツショップ&カフェ
  • 鎌倉紅谷 Kurumicco Factory  ★/ (株)鎌倉紅谷 / スイーツファクトリー・ショップ&カフェ

ラーメン5店とバーカウンター併設

  • JAPAN RAMEN FOOD HALL(6 店舗)  ★/ (株)オーシャン / ラーメンフードホール

カフェ

  • ELOISE’s Café  ☆/ (株)ネクストレイン / フレンチトーストカフェ
  • ピーターラビット カフェ  ●/ (株)ラケル / ビュッフェ カフェ&クレープリー
  • YOKOHAMA CARAMELLABO  ★/ (株)ウイッシュボン / スイーツショップ

レストラン

  • (仮)CANTEEN  ★/ (株)HUGE / ニューアメリカン、グリル&ブリュワリー
  • アンティーカ ピッツェリア ダ ミケーレ 横浜  ☆/ (株)バルニバービ / ピッツァ・イタリアン
  • (仮)Truffle beauty  ★/ (株)ボネリート / ワイン・トリュフ
  • ハングリータイガー / (株)ハングリータイガー / ハンバーグ・ステーキ
  • 未定 / (株)ユニマットプレシャス / 未定
  • COLONIAL BEACH  ★/ (株)ラックバッググループ / シーフード

ドリンク&テイクアウト

  • 茶寮 伊藤園 横浜  ●/ (株)伊藤園 / ティーショップ・和カフェ
  • スターバックスコーヒー / スターバックス コーヒー ジャパン(株) / シアトル系コーヒーショップ
  • THE ALLEY /(株)ポトマック / 軽飲食・カフェ
  • ワンダーフルーツ  ●/ (株)青木商店 / フルーツジュース&デザート

その他

  • セブン-イレブン / (株)セブン‐イレブン・ジャパン / コンビニエンスストア
  • (仮)AINZ&TULPE BEAUTY FACTORY  ★/ (株)アインファーマシーズ/コスメ・ビューティー雑貨・カフェ
  • マリン FM HAMMERHEAD STUDIO / 株式会社横浜マリンエフエム / ローカル FM 局

1、2階に商業施設 店舗配置は夏に発表

みなとみらいに2019年10月開業「横浜ハンマーヘッド」全国初の新業態など25店舗が決定

施設の敷地面積は約1万7400平方メートル。建物は地上5階建で延床面積は約3万300平方メートル。CIQ施設は1階に、ホテルは1階から5階までに入ります。商業施設は1階から2階部分の約5千平方メートル。1階は11店舗(約1500平方メートル)、2階は14店舗(約3500平方メートル)。各店舗の配置などの詳細は今夏に発表される予定です。

横浜ハンマーヘッドを運営する新港ふ頭客船ターミナル(株)は、藤木企業(株)・(株)小此木・川本工業(株)・(株)横浜岡田屋で構成される(株)YNPをはじめとした計4社から。代表企業を務める(株)横浜岡田屋の担当者は「この施設を介して横浜全体に人が行きわたるようなネットワークを築いていきたい」と話しています。

複合施設の名称は、1914年に国内初の港湾荷役専用クレーンとして整備された「ハンマーヘッドクレーン」に由来します。2001年に現役を退きましたが、現在も新港ふ頭突端にその姿を残します。

みなとみらいに2019年10月開業「横浜ハンマーヘッド」全国初の新業態など25店舗が決定

住所

神奈川県横浜市新港ふ頭

関連記事

人気記事

注目