川崎北工業会「納涼祭」荷台ステージ、新調完了!「ふろん太君」も登場@久地梅林公園(高津区)

川崎北工業会「納涼祭」荷台ステージ、新調完了!「ふろん太君」も登場@久地梅林公園(高津区)

これまで多くのパフォーマンスが繰り広げられてきた旧ステージ

 区内にある「久地梅林公園」を会場に、毎年行われている夏の恒例行事「納涼祭」が、今年も8月23日(金)午後4時から夜8時まで実施される。

 (一社)川崎北工業会(【電話】044・811・6304)が主催するこのイベント。地元の町工場の人たちが中心となり、地域のために趣向を凝らした企画を多数用意し、例年2千人もの来場者で賑わうこの催しも今年で10回目。節目に相応しい祭りにすべく着々と準備が進む、その内容はー?

すっかり芸能人気分?

 例年、川崎フロンターレのマスコット「ふろん太君」が登場し、じゃんけん大会で賞品がもらえたり、お楽しみ抽選会に参加できたりするのが魅力となっているこの「納涼祭」。さらに特長的なのが”工業会”というプロ集団が主催するイベントならではの「2つの目玉」。まず、一般的なお祭りで良く見かける特設ステージも、工業会の手に掛かれば、製品を輸送する4トントラックの荷台がその舞台に様変わり。

 かつて、某有名芸能人が都内でゲリラライブを敢行した際、大型トレーラーで乗り付け、荷台を一気にオープンさせると同時にパフォーマンスを披露した事があったが、同所の荷台ステージも、コンセプトはほぼ同等といった仕様。とりわけ今年は10周年という事で、不二プラント工業(株)提供によりステージ用の4トン車を新調し、ステージイベントのさらなる拡張を目論んでいるという。

川崎北工業会「納涼祭」荷台ステージ、新調完了!「ふろん太君」も登場@久地梅林公園(高津区)

多くの来場をよびかける「告知チラシ」

「焼きそば」も復活

 またもう一つも見逃せないのが、今回復活を遂げる模擬店の「焼きそば」。

 元々、この納涼祭で振舞われる焼きそばを炒める「鉄板」は、30年以上の歴史を誇り、その板の厚さや大きさも市販品とは異なる特別製。工場職人が認めた本格派も前回開催では出番がなく、出来合いパックを販売したが「やっぱりあの鉄板でつくった焼きそばが食べたい!」といった要望が多数寄せられ、今回再び登板する運びとなった。

 主催関係者は「当日は小学生以下の子ども達全員に無料プレゼントもあるので、新調した荷台ステージでのイベントを楽しみ、復活した焼きそばに舌鼓を打ってもらえれば」と話し、多くの来場を心待ちにしている。

開催日

2019年8月23日(金)

16時~20時

住所

神奈川県川崎市高津区 久地梅園

問い合わせ

(一社)川崎北工業会

電話

044-811-6304

044-811-6304

関連記事

人気記事

注目