元松竹監督が語る「大人のおもちゃ箱・懐かしの松竹大船撮影所」当時の裏話も聞ける!?【横浜市泉区】

元松竹監督が語る「大人のおもちゃ箱・懐かしの松竹大船撮影所」当時の裏話も聞ける!?【横浜市泉区】

元松竹撮影監督が撮影所の秘話を語る「大人のおもちゃ箱・懐かしの松竹大船撮影所」が9月25日(水)、老人福祉センター横浜市泉寿荘(泉区西が岡3の11)で開かれる。時間は午後1時から3時まで。当日先着80人。入場無料。

講師は元撮影監督の中橋嘉久氏。1960年に松竹京都撮影所入社、1964年に松竹大船撮影所異動。20年間撮影助手を務め、火曜サスペンス劇場・出目昌伸監督の「少年は見ていた」で撮影監督デビュー、その後約70本の映画・テレビドラマの撮影を担当した。

松竹大船撮影所とは?

1936年から2000年まで鎌倉市大船にあった映画スタジオ「松竹大船撮影所」。山小屋や校舎、別荘、教会、プール、球場など様々なセットが設置され、毎日大賑わいだった当時の裏話が聞けそうだ。

イベントに関する問い合わせは同館【電話】045・813・0861。

開催日

2019年9月25日(水)

13時から15時
当日先着80名

住所

神奈川県横浜市泉区西が丘3-11

老人福祉センター横浜市泉寿荘

費用

入場無料

問い合わせ

老人福祉センター横浜市泉寿荘

電話

045-813-0861

045-813-0861

関連記事

人気記事

注目