シカ、サル、タヌキを比べてみたら「動物の食べ物」@麻布大学いのちの博物館

シカ、サル、タヌキを比べてみたら「動物の食べ物」@麻布大学いのちの博物館

 相模原市中央区淵野辺にある麻布大学いのちの博物館では、9月17日(火)から12月27日(金)まで、「シカ、サル、タヌキを比べてみたらー動物の食べ物」展を開催します。

 あらゆる動物の生活の基本は食べることにあり、動物たちは何をどれだけ食べるかに日々を費やしています。シカは草を、サルは果実を、タヌキは果実や昆虫を食べます。そこにはどういう工夫があり、自然の原理があるのかをわかりやすく解説しています。

開催日

2019年9月17日(火)~2019年12月27日(金)

開館日:火曜日〜土曜日 10:00 〜16:00 (入館は15:30まで)
休館日:月曜日、日曜日、祝日、その他大学の定める休日
※詳細は開館スケジュールをご覧ください。

住所

神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71

JR横浜線「矢部」駅北口から徒歩5分
※駐車場はありません。
ご来館の際は、公共交通機関をご利用ください。

問い合わせ

麻布大学いのちの博物館

電話

042-850-2520

042-850-2520

関連記事

人気記事

注目