「親と子の土曜朗読会」~紙芝居と尺八の音色で語る昔話~ 10月5日 建長寺で

このイベントは開催・申込を終了しました

「親と子の土曜朗読会」~紙芝居と尺八の音色で語る昔話~ 10月5日 建長寺で

大本山建長寺とNPO法人日本語の美しさを伝える会が主催する「親と子の土曜朗読会」が10月5日(土)、建長寺正受庵(半僧坊手前)で開かれる。午前10時から11時まで。

「親と子の土曜朗読会」~紙芝居と尺八の音色で語る昔話~ 10月5日 建長寺で

子どもに日本語の美しさや名作を朗読する楽しさを伝えようと2005年から始まり、今回で769回目を迎えるこの催し。当日は心をつなぐ紙芝居の会を主宰する森内直美さんが、紙芝居「花咲き山」を実演。また琴古流奏者の若林美之輔さんが、宮沢賢治作「ざしき童子のはなし」を尺八と語りを交えて披露する。

申し込み不要。参加無料だが、建長寺参拝料(大人500円、中学生以下200円)が必要。問い合わせは同事務局【電話】0467・24・7223へ。

開催日

2019年10月5日(土)

午前10時から11時まで。

住所

神奈川県鎌倉市建長寺正受庵(半僧坊手前)

費用

申し込み不要。参加無料だが、建長寺参拝料(大人500円、中学生以下200円)が必要。

問い合わせ

NPO法人日本語の美しさを伝える会 事務局

電話

0467-24-7223

0467-24-7223

ホームページ

https://www.kenchoji.com/