紅葉色めく東海大学キャンパス【平塚市】

紅葉色めく東海大学キャンパス【平塚市】

東海大学湘南キャンパス1号館から望む(過去の様子)

東海大学湘南キャンパス(北金目4の1の1)では、ケヤキが学内にケヤキがあり、秋が深まるとともに、葉を赤や黄に染めあげていきます。

紅葉の時期になると、正門から伸びる中央通りの並木道では風をうけサラサラと音をたてながら葉が舞い落ちる様子を、学生らがスマートフォンで撮影する場面も。

 1963年の湘南キャンパス開設以来、学生や地域住民の目を楽しませてきたケヤキ並木。同大創始者の松前重義氏がケヤキを好んでいたことからキャンパスのいたるところに植えられているといいます。

 同学内には他にもイチョウなどが植えられ、競い合うように色づく姿も楽しめるそうです。

紅葉特集ページへ

住所

神奈川県平塚市東海大湘南キャンパス

関連記事

人気記事

注目