【横浜市】イチョウの「黄葉」始まる 保土ヶ谷公園周辺

シェアする

 花見台の県立保土ケ谷公園周辺のイチョウが色付き始め、園内はカメラを手にした散策客や銀杏拾いを楽しむ人、落ち葉で遊ぶ親子ずれらで賑わいを見せている。

 公園と明神台団地に挟まれ2004年に愛称募集でその名が付いた「銀杏坂」でも斜光に輝くイチョウの葉が「黄葉」=写真。スマートフォンや一眼レフカメラで、晩秋の景色を撮影する人の姿が数多く見られる。

 初音ケ丘から散歩に来たという70代の女性は「ここのイチョウが色付いてくると『冬がすぐそこまで来ているんだな』と季節の移ろいを感じる。コロナでなかなか外に出られなかったので、きれいな光景を見ると心が落ち着く」と話した。

住所

神奈川県横浜市保土ケ谷区花見台4-2 県立保土ケ谷公園

【電車・バス】
■JR「保土ケ谷駅」西口より横浜駅西口行きまたは保土ケ谷駅行き循環バス(25系統)10分、「保土ケ谷野球場前」下車
■「横浜駅」西口より保土ケ谷駅西口行きバス(4番のりば25系統)30分、「保土ケ谷野球場前」下車
■相鉄線「星川駅」より保土ケ谷駅西口行きバス(25系統)7分、「保土ケ谷野球場前」下車
■相鉄線「星川駅」または、「和田町駅」より徒歩15分

【駐車場】
■収容台数:大型10台、普通384台(臨時368台)[内身障者用7台]
 ※A駐車場とB駐車場の合計です。
■有料期間:通年
■利用時間:5時から23時(但し、大型は8時30分より17時まで)
■料金(税込):大型車(1時間まで630円 以後30分ごとに320円 上限3,060円(事前予約が必要です。)
       普通車(1時間まで220円 以後30分ごとに110円 上限1,020円

公開日:2021-12-03

関連タグ