<1935年植樹>日吉駅前から慶應つなぐ220mのイチョウ坂道【横浜・港北区】

<1935年植樹>日吉駅前から慶應つなぐ220mのイチョウ坂道【横浜・港北区】

地元の紅葉名スポット「慶應義塾大学日吉キャンパス」のイチョウ並木

地元記者が推薦する横浜市港北区の紅葉スポットは、慶応義塾大学日吉キャンパスのイチョウ並木。東急東横線「日吉駅」正面から日吉記念館をつなぐ、幅22mの坂道で長さ220mに渡る並木道です。

約100本のイチョウ並木

このイチョウは、慶應義塾大学日吉キャンパス開設当初の1935年に植樹されて以来、“日吉のシンボル”として地域に愛され続けています。約100本のイチョウが色づく姿は壮大で、横浜市が選定する「横浜市まちなみ景観賞」を受賞しており、まさに輝く紅葉スポットです。

毎年きれいな黄色に染められるイチョウ並木。黄色い落ち葉の絨毯も圧巻です。

紅葉特集ページへ

住所

神奈川県横浜市港北区/慶應義塾大学日吉キャンパス

関連記事