【12月末まで延長!】「エヴァ」と箱根の史上最大規模コラボ

シェアする

このイベントは終了しました。

【関連記事はコチラ】

人気アニメ「エヴァンゲリオン」と、小田急グループなどによる箱根史上最大規模のコラボ「エヴァンゲリオン×箱根2020MEET EVANGELION IN HAKONE」が1月10日、開幕した。

6月のアニメ映画最新作の公開を前に、箱根を盛り上げようと企画されたイベントで6月30日㈫まで開催。9日のプレスツアーには60社から73人が詰め掛け、約5時間にわたり箱根各地を取材した。ツアーの様子をレポートする。

桃源台駅に詰めかけた報道陣

エヴァンゲリオンとは?

エヴァンゲリオンとは、1995年にテレビシリーズが始まったアニメ。人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった14歳の少年少女と、謎の敵「使徒」との戦いが描かれ、謎に満ちたストーリーが世界中で人気となった。箱根は物語の舞台「第3新東京市」のモデルであることから、ファンの間で聖地と呼ばれている。

テープカットセレモニー

穏やかな快晴の空が広がった9日正午、桃源台駅でテープカットセレモニーが開催された。駅構内に同アニメのBGMが流れると、エヴァンゲリオンシリーズの著作権管理を行う㈱グラウンドワークスの神村靖宏代表取締役や、箱根町の山口昇士町長らが登場。半年間にわたるイベントの開幕を祝った。

テープカットする五十嵐社長(中央)ら

挨拶に立った小田急箱根ホールディングス㈱の五十嵐秀取締役社長は、昨年の自然災害で大きな打撃を受けた箱根の復興を願い「一日でも早い『聖地』箱根の復旧を」と言葉に力を込めた。

各地で物語を再現

桃源台駅

 ツアーでは「エヴァ化」された様々な施設を目の当たりにした。桃源台駅にはエヴァンゲリオン初号機の大型フィギュア(高さ2m)が登場。細部まで再現された完成度の高さに目を奪われる。

桃源台駅に展示されている初号機のフィギュア

箱根強羅公園

箱根強羅公園には、作中に登場する武器「ロンギヌスの槍」(高さ3・6m)を展示。真っ赤な槍が園内に「突き刺さり」、独特な雰囲気を醸し出していた。

箱根強羅公園に『突き刺さる』ロンギヌスの槍

箱根小涌園ユネッサン

まずは入り口が「A.T.フィールド」のデザインに。

また、硫黄の香りが漂う中、赤く染まった「セカンドインパクトの湯」が注目を集めた。

ユネッサンに登場した「セカンドインパクトの湯」の洞窟風呂

ウォータースライダーも赤く染まっている。

赤く染まったウォータースライダー

グルメもエヴァとのコラボメニューが登場。

登場人物が注文した「ニンニクラーメンチャーシュー抜き」をユネッサンのレストランが再現

ラッピングバス

期間中、箱根をオリジナルラッピングバスが走る。取材日はこのバス7台が集結。路線バスの他、新宿箱根間を結ぶ高速バスにもラッピングバスが登場する。

また、18か所のバス停もエヴァンゲリオンデザインになり、キャラクターによる車内放送も。

 

行こうよ箱根ページへ

開催日

2020年1月10日(金)~2020年12月31日(木)

住所

神奈川県足柄下郡箱根町

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-01-22

関連タグ