「山内龍雄の描いた大きな画の展覧会」独自の技法 大作7点を展示 【藤沢市】

シェアする

このイベントは終了しました。

山内作品を紹介する館長の須藤さん

 画家の故・山内龍雄氏(1950-2013)の作品を常設する山内龍雄芸術館(羽鳥5の8の31)で企画展が始まった。独自の技法で海外でも高い評価を得た同氏の大作を展示。同館では「どれも山内らしさが光る作品。作家の息遣いを感じてもらえたら」と話している。

 同館は生前同氏と親交があり、画商として30年来二人三脚で歩んできた須藤一實さん(71)が2016年に開館。氏の作品を後世に伝える場として、年に数回企画展を開いている。

独自の技法 大作7点を展示 

 山内氏はキャンバス自体を紙のようになるまで薄く削り、独自の風合いを生み出す技法を確立。須藤さんによると作品を仕上げるには2年以上を要するものもあったといい、同展では同館が所蔵する約500点から大作7点を厳選した。初期から山内芸術の到達点と言える「無」の大作などを展示している。

 3月8日(日)まで。開館は金・土・日・月曜、祝日の正午から午後5時。入館500円。問い合わせは同館【電話】0466・33・2380へ。

開催日

2020年1月25日(土)~2020年3月8日(日)
開館は金・土・日・月曜、祝日の正午から午後5時。

住所

神奈川県藤沢市山内龍雄芸術館 羽鳥5の8の31

費用

入館500円
高校生以下は無料

問い合わせ

山内龍雄芸術館

電話

0466-33-2380

0466-33-2380

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-02-10

関連タグ