山手の「謎の引込線」に迫る!横浜市中区役所別館で市電展

シェアする

このイベントは終了しました。

展示写真の1つ「日本大通県庁前、8系統、開港記念会館」(しでんの学校提供)

企画展「写真と模型でよみがえる横浜市電」が2月29日、中区役所別館1階で開催される。午後1時〜4時。入場無料。

この取り組みは、1972年に全廃された横浜市電に関する調査、研究などを行う愛好会「しでんの学校」(大西智樹代表)が会場のなか区民活動センターの協力を得て主催するもの。

当日は、市電沿線の定点写真で今昔を比較する解説付きパネルを約30点展示。目玉は「ビールも運んだ路面電車〜山手にあった謎の引込線〜」だ。元町付近で市電からビールを積み下ろす写真が残されており、ビールを運んでいたのは確か。現在の北方小学校にあったキリンビールの工場からビールを積み出すために「上台集会所付近に引込線があったのでは」と大西さんは推測する。

来場を呼び掛ける大西代表

そのほかにもデジタル「しでんマップ」も公開。また、手づくりの市電模型が会場を走行する。大西さんは「市電を知らない世代にもぜひ訪れてほしい」と来場を呼び掛けている

開催日

2020年2月29日(土)
13時~16時

住所

神奈川県横浜市中区日本大通35 中区役所別館 なか区民活動センター会議室

JR関内駅(南口)より徒歩7分
市営地下鉄関内駅(1番出口)より徒歩7分
みなとみらい線日本大通り駅(3番出口)より徒歩4分

費用

入場無料

問い合わせ

「しでんの学校」(大西智樹代表)

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-02-25

関連タグ