「澄川喜一 そりとむくり」展@横浜美術館 ガイドと巡る市内ツアー【一部延期】

このイベントは開催・申込を終了しました

「澄川喜一 そりとむくり」展@横浜美術館 ガイドと巡る市内ツアー【一部延期】

作品を説明する澄川氏

「澄川喜一 そりとむくり」展が横浜美術館で開催されている。抽象彫刻のパイオニア・澄川喜一氏(88)の創作活動を振り返る企画展。最新作を含む約90点の作品・資料を展示するのは、首都圏の公立美術館で初の試みだ。一般当日1500円で5月24日まで。

横浜市内にも複数の作品

東京スカイツリーのデザイン監修を務めたことで知られる澄川氏。野外彫刻や環境造形作品は全国28都道府県120点以上に及ぶ。みなとみらい線馬車道駅構内の『金波・銀波』や緑区鴨居駅近くの『鴨池人道橋』など横浜市内でも複数の作品を手掛け、横浜文化賞を受賞している。

澄川氏は島根県に生まれ、山口県立岩国工業高等学校に進学。岩国市の錦川にかかる錦帯橋の美に魅了された経験が創作活動の原点だ。その後、東京芸術大学の彫刻科に入学。人物などを塑像する具象表現を学び具象彫刻を極めながらも、仮面を主題にした作品『MASK』シリーズを生み出すなど、次第に抽象彫刻への創作へ転換した。

素材の美を追求

70年代以降は、木の性質である「そり」と「むくり」を活かした作品や素材の美を追求した作品を手掛けた。内覧会で登壇した澄川氏は「30年ほど横浜で創作活動をしており、展覧会ができ嬉しいです。日本の木の美しさを体感してください」と呼びかける。問い合わせは横浜美術館【電話】045・221・0300

ガイドと巡る市内3コースも

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、3月15日のガイドツアーは延期となりました。開催日は未定です。詳細は横浜美術館HPにてご確認ください。なお、展覧会は通常どおり開催しています。

企画展連携のガイドツアーが3月15日、25日、4月3日の3日間、開催される。横浜シティガイド協会が主催。澄川氏の市内作品を巡る。

  • 15日は本牧山頂公園の澄川作品『種』や県庁新庁舎『飛翔』など
  • 25日は大岡川『一本橋』『道慶橋』や横浜公園『ブラントン胸像』など
  • 4月3日は鶴見川『鴨池橋』、横浜駅東口『万里橋』など

各コース、最後に美術館で学芸員による展覧会ミニレクチャーも。

各回午前9時30分〜午後0時45分頃。参加費500円。企画展入場には別途観覧券(参加者優待料金1300円)が必要。定員各回50人。申込は同協会【電話】045・228・7678(平日10時〜16時)。

開催日

2020年2月15日(土)~2020年5月24日(日)

10時~18時 (入館は17時30分まで)
5月の金曜・土曜は20時まで (入館は19時30分まで)
木曜日休館

住所

神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号 横浜美術館

費用

一般 1,500円
大学・高校生 900円
中学生 600円
小学生以下 無料
65歳以上 1,400円 ※要証明書、美術館券売所でのみ対応

問い合わせ

横浜美術館

電話

045-221-0300

045-221-0300

代表 10時~18時、木曜日休館

人気記事

注目