半世紀以上続く公募展「かわさき市美術展入賞・入選作品展」大賞に栗原さん@ミューザ川崎

シェアする

このイベントは終了しました。

最優秀賞を受賞した栗原豊子さんの「絆・swirl」

「第53回 かわさき市美術展 入賞・入選作品展」が、ミューザ川崎シンフォニーホールで開催されています。期間は2月21日(金)~3月7日(土)まで。

 最優秀賞(市長賞)を受賞したのは、川崎市宮前区土橋在住の栗原豊子さんの作品「絆・swirl」。大きなパッチワークキルト作品で「費やされた時間と力量が見事に結実」と講評された。253人315点の中から大賞に輝きました。

 また、中高生部門の最優秀賞であるコミュゼ川崎大賞は、青木厚志郎さんの「鳥カゴと転生」が受賞しました。

コミュゼ川崎大賞に選ばれた、青木厚志郎さんの「鳥カゴと転生」

かわさき市美術展は1967(昭和42)年に始まった、川崎市の芸術文化活動の振興を目的とした公募展です。会場として予定されていた川崎市市民ミュージアムは、令和元年台風19号の被害により開催できなくなったため、2020年はミューザ川崎シンフォニーホールでの開催となりました。

今年度の応募作品数315点は、前回を大きく上回る数だったそうです。

開催日

2020年2月21日(金)~2020年3月7日(土)
9時30分~17時 最終日は15時まで
※2月28日(金)は展示替えのため休室
※2月21日~27日:工芸・写真・中高生/2月29日~3月7日:平面・彫刻、立体造形・書

住所

神奈川県川崎市ミューザ川崎シンフォニーホール 4階 企画展示室

費用

入場無料

問い合わせ

川崎市市民ミュージアム

電話

044-754-4500

044-754-4500

公開日:2020-02-27

関連タグ