相模原市の「鯉のぼり」2020年行わず終幕【相模川高田橋上流】

相模原市の「鯉のぼり」2020年行わず終幕【相模川高田橋上流】

昨年度も延べ約46万人が来場するなど市を代表する名物イベントとして親しまれてきた「泳げ鯉のぼり相模川」=市提供写真

 ゴールデンウィーク期間中(4月29日から5月5日までの7日間)の相模原の名物イベントとして親しまれてきた「泳げ鯉のぼり相模川」(会場・相模川高田橋上流)について同実行委員会は2月8日、2020年度以降は行わず、昨年度の開催をもって終了することを決定した。同イベントは1988年(昭和63年)から32回にわたる歴史に幕を閉じることになった。

同イベントは相模川の両岸に架けた5本のワイヤーに約1200匹の鯉のぼりを吊るし青空に泳がせるもので、市を代表する観光行事の一つとなっている。16年には延べ50万人が来場し最大規模を記録。昨年は7日間で延べ約46万6000人が来場している。

昨年の記事はコチラ

終了の理由について同実行委員会では、鯉のぼりを取り付ける際に必要な資機材の老朽化と補修負担、河川敷の形状の経年変化に加え、昨年の台風19号の影響で開催場所、駐車スペースが狭小化しその整備の負担、そして担い手不足の3つを挙げている

一昨年からイベントの継続の有無を検討する中で、昨年は取り付けるワイヤー5本分を充足できず、4本に約1000匹を取り付ける形で開催。今年も諸条件が整えば開催する運びだったが、約1000万円をかけてワイヤーなどを修復する必要があり、資金面に人手不足も重なったことから中止ではなく、イベント自体を終了する決定に至った。

協力者に「感謝」

 開催にあたり協賛金はもとより、田名地区の住民の協力が大きな支えになった。開催前の鯉の補修作業、開催当日の吊り上げ作業はボランティアたちが行い、開催全体には約100人が参加し運営を担っていた。そうしたボランティアなど人手の減少はイベントの終了に追い打ちをかけた。永保さんは「来てくれる人に申し訳ない」としながら、「協賛者、田名地区の自治会、子ども会の方々が継続して対応してくれた。感謝しているし、それしかない」と話し、「これまで無事故で続けて来られたのは誇り」と振り返る。

 中止を受け、担当の市商業観光課には鯉のぼりの返却についての問い合わせが来ており、対応を協議しているという。本村賢太郎市長は「寂しい思いがするが、この行事に関わった全ての方に感謝申し上げたい」とのコメントを発表した

開催日

2020年5月1日(金)

住所

神奈川県相模原市中央区田名

注目